関東インカレ2013 ~1部ハーフ~

2014年3月8日

続いては、1部ハーフの結果について・・・5月の下旬で暑い時間帯に走るだけにタイムはなかなか出ず、まさに勝負となります。全体的にみてみると、しっかりと走れた選手は自己ベストから2分くらい遅れている印象でしょうか?

 

優勝したのは日体大の本田、64分25秒とこの時期、時間帯としてはなかなかのタイムです。ハーフで62分37秒を持ち、箱根2区4位の実績を持つ本田はやはり抜けていたかな?同じ日体大の山中が5000m,1万mに出場しあまり結果は芳しく無かっただけに、本田はハーフ以外の2種目で見たかった気もしますが・・・力はあってもしっかりと勝ちきるのは難しいだけに、さすがの結果でした。

 

2位は法政の関口、やはり山だけではないですねー。箱根の5区では不思議な走り方とそのスピードにびっくりさせられましたが、ハーフ63分1秒、1万っも28分台となり、山だけではないことをこれでもかと証明し続けております。どちらかと言えば長い距離で結果を残しておりますねー。5区では今年以上の結果が期待できそうです。

 

3位は東洋の大津、去年度はなかなか結果を残せずにもどかしい感じもしましたが、先日の1万mで28分30秒台を出し、得意のハーフでも3位と完全復活と言っていいのでは?去年度は全日本、箱根が微妙な結果で全日本は欠場となってしまいましたからね。最終学年となる今年は3大駅伝出場&結果もきっちりと残して行きたいところです。

 

4位は日体大の鈴木、大きく差を詰められるのでは?と思った箱根の6区で好走し、優勝の立役者の一人となりましたが、その後も1万mで29分1秒を出すなどトラック、ハーフともにまたレベルアップした感じがあります。来年度の箱根も6区を走るとなると、区間賞争いをするくらいのレベルまで上がっているかも・・・日体大の選手は勢いは止まらないなあ。。。

 

5位は山梨学院の井上、去年の2位よりは順位を下げましたが、2年連続で1万m,ハーフのいずれでもしっかりと走っているのは見事の一言につきます。同大学のオムワンバが3冠を達成してはおりますが、負けずに井上もチームを引っ張っていって欲しいですね。

 

6位は東洋の田口、これまた去年よりは順位を下げましたが2年連続の入賞は見事。長い距離の安定感は素晴らしいものがあります。3大駅伝では3連続区間賞中ですが、今年もその記録を伸ばせるか??1万mの記録を持っていないだけに、1万mを走るところも見てみたいなあ。。。

 

7位は日大の竹ノ内、失礼ながらまさか入賞するとは思ってもいませんでした。駅伝ではいつも中位で安定している印象だったのですが、まさか1部ハーフで入賞してくるとは・・・これも監督が変わった効果なのでしょうか?駅伝では貴重な戦力となりそうです。

 

8位は日体大の甲斐、日体大が優勝を含むトリプル入賞を果たしました。やはり今年度の箱根も優勝候補に名を連ねることになりそうですね。去年度は全日本を走ったものの、箱根には出場出来ませんでしたが、今年度は走ることになりそうですね。つなぎ区間であれば区間上位で走ってくれそうな気が・・・

 

惜しくも入賞を逃した9位は早稲田の高田が入りました。結局早稲田の長距離は大迫の5000mだけでしたね。。。学生ハーフや1万mの自己ベスト更新ラッシュで期待していたのですが、やはりまだまだ大舞台で力を出せるだけの底力はついていないのかな・・・心配ですねえ。。。

 


PAGE TOP