関東インカレ2013 ~2部ハーフ~

2014年3月8日

続いては関東インカレ2部ハーフの結果です。長距離の主要種目の中でも一番1部と差がつきやすいのがこのハーフなんですよねー。それはさておき、2部優勝となったのは大東大の市田宏、前日に3000m障害の決勝で3位に入っており、連戦にも関わらず見事に優勝を果たしました。本当に市田兄弟は強くなりましたねー。高校時代も鹿児島実業の都大路での優勝には感動させられましたが、大学でもその走りでファンを魅了して欲しいです。

 

2位は中央学院の塩谷、前年度の箱根以降、ずっと結果が芳しくなく、潰滝との差をどんどん広げられていた印象があっただけにここで結果を残してくれたのは嬉しいですねー。これをきっかけに再び1年次のような輝きを取り戻して欲しいと思います。全日本予選までに戻ってきてくれて、予選突破へも貴重な戦力となりそうです。

 

3位は大東大の片川、大東大の誇る3本柱が1,3位に入って来ました。片川はずっと怪我をしていたらしく、いきなりの関カレで心配しましたが、もう問題無いようですね。市田兄弟の活躍が目立ちますが、片川も二人と切磋琢磨して、まずは全日本予選突破、そして箱根出場、シード権獲得へとつなげていってほしいなあ。。。去年はほとんど得点の取れなかった大東大ですが、今年は大量得点で2部ダントツ1位の1部昇格を決めました。1部でも市田兄弟なら十分に戦えそうですね。

 

4位は国学院の柿沼、少しびっくりしました。国学院の主力の一人ではありますが、箱根は3区を走って14位・・・あまり目だった成績は残していませんが、上位入賞してきましたねー。最終学年として、寺田だけに負担をかけるわけにはいかないですからね。チームを引っ張る存在となっていってほしいですね。

 

5位は帝京の堤、帝京の2年生では今一番勢いがある選手かな?ちょっと3,4年生に比べると層が薄いだけにこういった選手が出てくるとチームとしても助かりますね。最初にハーフ3分台で出てきた竹本はちょっと最近姿を見ませんが・・・強い上級生に臆することなく挑戦していってほしいです。

 

6位は駒澤の馬場、最近はハーフによく出場しておりますが、高校時代のロードの実績からするとやや物足りない成績が続いているかなあ?同期の其田がハーフで好記録を出しただけに、負けていられないですね。2年生が谷間の学年とならないためにも、二人の活躍が必要になってきます。1年生はずっと怪我をしていただけに、怪我だけには気をつけて貰いたいです。

 

7位はこれまた駒澤の黒川、そしてこれまた怪我で全日本以降は苦しんでいたようです。黒川も今年度は全日本、箱根と出てきてくれないとコマが足りなくなりそう・・・4年生卒業の穴を埋めるのは非常に大変だとは思いますが、一人一人の成長で埋めていって欲しいですね。

 

8位は専修の芝田が入りました。すみません、ちょっと知らない選手ですね。。。専修も今年は戦力が揃って来ましたし、新しい選手も出てくるとチームとしても勢いが出てきますね。増枠での通過では来年以降に繋がりにくいので、インカレポイントもなくなりましたし、増枠が無かったとしても通過できる順位で予選会を突破してほしいです。

 

惜しくも入賞を逃したのは駒澤の郡司、そういえば郡司も怪我をしていたような・・・ちょっと主力・中堅どころに怪我が多いのが気になりますねー。油布、窪田もそうでしたし・・・怪我をするとどうしても元に戻すのに時間がかかりますし、去年ほどの選手層は今年の駒澤には無いので、致命的なダメージとなりそうで怖いです。。。

 


PAGE TOP