関東インカレ2013 3000m障害 ~2部決勝~

2014年3月15日

いよいよ関カレも後半戦に突入しました。まずは3000m障害の2部決勝から・・・リンクを貼ろうと思ったのですが、現時点ではアクセスが多すぎるのかサーバーが落ちております。。。結果はここに表示されるはずなのですが・・・(汗)

 

優勝したのは東農大の佐野、去年も表彰台に上がりましたが、今年は頂点に立ちました。タイムも8分47秒と好タイムです。高校時代からのチームメートである戸田が1500m優勝、そして佐野が3000m障害優勝と東農大、見せ場を作っていますねー。しかし、ここ最近も関東インカレは好調なのですが、その後尻すぼみのまま箱根予選会、箱根本戦ときてしまっていますからね。。。戸田、佐野ともにまだ長い距離で結果を残せていないですが、二人でチームを引っ張っていって欲しいです。

 

2位は帝京の猪狩、8分49秒とこれまた好記録です。やはり今年の帝京は楽しみですねー。1500mで3位に入った熊崎も3年生ですし、4年生が卒業してからも楽しみな選手が残りますねー。二人とも箱根で結果を残しているのも頼もしいです。とはいえ、今年が勝負の年であることは間違いですし、去年以上の成績を残していって欲しいです。

 

3位は大東大の市田宏、優勝候補の一人かなあと思っていましたが、8分54秒で表彰台に上がって来ました。市田孝が1万mで3位に入っているだけに負けていられないですよねー。1年生の時は高校時代の実績からするとやや期待ハズレな二人でしたが、2年生以降は様々な大会できっちりと結果を残し、持ちタイムも上がって来ました。実績を考えると優勝して欲しかった気もしますが、去年は大学としてほとんど長距離で得点出来なかったことを考えると、上出来だと思います。

 

4位は東農大の村山が8分54秒、5位は大東大の平塚が8分57秒とそれぞれダブル入賞をを果たしております。この2大学の活躍が目立ちますねー。それにしても2部とは思えないほど8分台が連発しております。1部はそのさらに上をいっており、1,2部ともにレベルの高い3障となりました。3障から長い距離に対応していった選手は過去にたくさんいますし、長い距離でも活躍を期待したいです。

 

6位には神奈川大の菅原が8分57秒、7位に駒沢の染谷で8分59秒、なんと8分台が7人も出ました。8位の帝京の長谷川が入り、それでも9分00秒、入賞するのも一苦労ですね。染野はもう少し上位争いをするのかなと思ったのですが、ちょっと贔屓目に見てしまっていたのかも(汗)

 

今のところ、長距離種目は1,2部含め波乱らしい波乱はほとんど起きていない感じですね。この選手が優勝?というようなこともないですし、表彰台に上っている選手を見ても妥当かなあと・・・最終日の明日はハーフ、5000mがあり、長距離ファンにとってはたまらない1日となりそうです。

 


PAGE TOP