関東インカレ2013 3000m障害 ~1部予選~

2014年3月15日

続いては3000m障害の1部予選について・・・結果はこのようになっております。2部と同様に2組あり、各組上位5人と5×2人以外でタイム順に上位2名が決勝となります。

 

1組・・・予選トップ通過は中央の出口、高校時代14分2秒を出したものの、大学では思うような結果を残せていないだけに、予選とはいえトップ通過にはちょっとびっくりしました。今年は勝負の年となりそうかなあ? 2位は絶対王者の山口、4連覇に向けてまずは無難に予選通過といったところでしょう。あとは決勝で優勝できるかどうかだけですね。予選の結果を見る限り、より確率は高まったようにも思えますが・・・3位は法政の田子、3年次は怪我でほぼ姿を見せなかったですが、最上級生の今年はいいスタートが切れたのではないでしょうか?チームはいつの間にかシードを取り、最も勢いのあるチームの一つとなりましたが、田子も元?エースとしてその流れに乗り遅れないようにしてほしいです。

 

4位は山梨学院の永井、5位は順大の三宅、ここまでが予選通過となり、タイム通過は2枠とも2組が持っていきました。前回4位の中央代田はまさかの8位で予選落ちとなりました。どうやらあまり練習が出来ていなかったようで・・・力のある選手でもしっかりと練習を積んで調子を合わせてこれないと、こういう結果になってしまいますよねー。2部で表彰台にあがった青学の山村も6位で予選落ちとなってしまいました。1部でも入賞できる力はあると思っていたのですが、3障で稼げないと青学はちょっと気まずいかも。。。

 

2組・・・筑波の津田が8分57秒でトップ通過となりました。長距離に力を入れていない割に、ちょいちょい3000m障害ではいい選手が出てきますよねー。2位は青学の西村、2部トリプル入賞トリオのうち二人はきっちりと決勝に進んできました。1部でも通用するというところを見せてほしいですねー。3位は国士舘の池上、国士舘はなかなか長距離ではポイント獲得が難しそうなだけに、何とか1ポイントでも結果を残したいところです。4位は東海期待のルーキー石橋、5000mでも先日14分7秒の自己ベストを出して勢いがありますねー。高校時代の安定感そのままに、さらに成長していってほしい。 5位に同じく東海の山本、ここまでが8分台と非常にハイレベルです。さすが1部・・・

 

タイムで拾われたのは東洋の渡邉、小池の二人でした。1500mでも東洋はタイムで二人拾われていたような・・・そして二人とも入賞していたような・・・?しぶといですねー(笑)小池は持ちタイムトップのはずですが、調子がいまいちなのかな?代田が予選落ちした以上、城西の山口に対抗しうる選手として期待したいところだったのですが・・・4連覇も見てみたいですが、そんな山口を止める選手の登場にも期待したいところです。

 


PAGE TOP