関東インカレ2013 2部 1500m結果雑感

2014年3月15日

いよいよ関東インカレが始まりましたねー。まずは1500mの2部について感想を述べていきたいと思います。結果はこのようになっております。

 

予選1組・・・前半はスローなペースだったようで、ラストの勝負は箱根10区でもラストの強さを見せた熊崎が3分56秒でトップ、持ちタイムトップの駒澤油布は2位通過、上位の持ちタイムを持つ流経大の梅木がトップ3で順当な通過となりました。平国大の森本、帝京の君島も通過となりました。

 

予選2組・・・これまた予選1組と同じようなスローペースで後半のペースアップ&ラスト勝負となったようです。そんな中でトップ通過となったのはやはりといいますか去年の覇者東農大の戸田でした。平国大の前野、大東の本間、拓大の大島と続き、やはり1500mは他の種目とは違って駅伝ではあまり聞かない選手が上位にきたりもしますねー。5000m

13分台を持つ駒澤の大谷までが順位で決勝進出、最近10000mで連続で記録を更新している東農大の三輪、上武の小池がタイムで拾われて決勝進出となりました。

 

決勝・・・戦前の予想通り戸田、油布の一騎打ちになりました。中盤から戸田が抜け出し、最後は油布が追いつめる展開に・・・戸田が3分49秒で見事逃げ切り優勝、連覇を達成しました。油布は惜しくも届かず3分50秒、1,2年に続く3度目の優勝はなりませんでした。写真を載せてくれている人がいましたが、どれも悔しそうな表情ばかりでしたねえ。。。その悔しさを5000mにぶつけてほしいところ。最近13分台を出して勢いに乗る戸田の5000mも楽しみです。

 

二人からは置いて行かれましたが帝京の熊崎が3位に入りました。やはり、箱根の10区のラストでも自信をもってラスト勝負をするだけのことはありますねー。力のある選手たちが順当に表彰台を占めました。今年も活躍が楽しみですね。4位には東農大の三輪、29分11秒まで1万mの持ちタイムを伸ばしているのに何故1500m何だろう?という気もしていたのですが、きっちりと4位に食い込んできました。今年はチームの主力になってほしい選手ですねー。5位には梅木が持ちタイム上位だけあってしっかりと入賞してきました。

 

6位は大谷、13分台トリオの村山、中村には完全に置いてかれてしまいましたが、初の入賞を果たしました。ずっと怪我をしていたこともあり、目立った成績は残せていませんが、戦力になってくれるようですと、駒澤としても大きいですねー。7位には大東の本間、8位に上武の小池が入りました。二人ともデータベースに登録されていない選手ですが、貴重な得点ゲットとなりました。

 


PAGE TOP