関東インカレ2013展望~1部後半~

2014年3月15日

続いては、関東インカレ1部の2週目に行われるハーフと5000mについて・・・関東インカレ2013のエントリーはこのようになっております。

 

ハーフ・・・留学生はおらず、日本人のみの争いとなります。優勝争いでまず注目なのは東洋勢ですねー。前回3,4位の田口、大津に3大駅伝フル出場の高久と非常にレベルの高いメンバーが揃いました。特に田口、大津は優勝してもおかしくない力がありますよねー。ハーフの持ちタイムでトップなのは日体大の本田、これまた優勝候補の一人かな?しかし、5000m、1万mともに出場しないのはちょっと意外でした。調子がやや微妙な可能性もあるかな・・・?というのが気になります・・・

 

前回2位の山梨学院の井上ももちろん優勝候補の一人です。しかし、1万mを走った翌週にハーフは体力的にどうかなあ?去年も同じスケジュールだったので問題無いかもしれませんが。。。山登りで一躍有名になった法政の関口もひょっとするとひょっとするかもしれません。山だけじゃないところを見せつけていますからね。他には早大勢も田口、高田、田中とハーフで結果を残している選手を揃えてきました。入賞争いには十分絡んできそうです。中央の永井も気になります。持ちタイムは関係ないですねー。箱根8区で幻の区間賞、先日1万mの持ちタイムを1分以上更新し、29分一桁まで伸ばしてきました。ハーフの強さは証明済ですし、どこまで上位に食い込んでこれるか???

 

5000m・・・これまた力のある選手が集まりに集まった5000m・・・13分30秒台が4人、早稲田の大迫、日体の服部、山梨学院のオムワンバ、日大のキトニー・・・この4人がそのまま優勝争いとなりそうかなあ?前回の順位も優勝の大迫、2位のオムワンバ、3位の服部と見事に揃っております。ここに東洋の設楽兄弟まで加わってくるのですが、そのレベルの高さが伺えますねー。1万m27分台が3人もいるという非常にハイレベルな戦いです。

 

その他にも入賞してもおかしくないメンバーがずらっと並んでいます。前回4位に入り、明治2部落ちの危機を救った横手、持ちタイムではしたら兄弟を上回る城西の村山、早稲田の山本、早くも青学のエースである久保田、成長著しい日体大の矢野など・・・出場するメンバーを見るだけで楽しみになってきますよねー♪

 

ルーキーも1万mに比べると多くエントリーされております。注目は、大学に入っても好調な走りを見せている東洋の弾馬、高校時代弾馬と同級生だった青学の一色、他にも高校時代に活躍した日大の石川、早稲田の平、東海の廣田などがおり、これまたどこまで上位に食い込んでいくのか楽しみです。個人的には一人くらい入賞者が出てほしいなあと思っているのですが。。。

 


PAGE TOP