関東インカレ2013展望 ~1部前半~

2014年3月15日

関東インカレ2013のエントリーが発表されましたねー。毎年、各大学の精鋭が勢揃いするこの大会、まさに関東学生長距離の頂点を極めるにふさわしい大会ですねー。1部エントリーについて簡単に見ていきます。

 

1500m・・・やはり、大迫とオムワンバの頂上対決が一番の見所ですねー。ともに3分42秒という好タイムを持ち、前回は大迫がDNSで実現しませんでしたが、今回は是非とも見てみたいです。その他にも、前回3位の城西の山本、4位の明治の八木沢5位の平田と入賞者も揃っています。他に気になるのは・・・ルーキーだと順大の安斎、東洋の弾馬、2年以上だと青学の久保田、中央の三宅あたりかなあ・・・1500mとはいえ、さすが1部はレベルが高いですね。。。

 

3000SC・・・注目は城西の山口の4連覇達成なるかです!!3障で山口が負けることはなかなか想像出来ないですねー。前回2位の上武佐藤もいなくなってしまいましたし・・・それでも対抗をあげるとすれば、成長著しい中央の代田かなあ?前回も4位ですしねー。そして日本選手権で入賞経験があり、前回の3位の小池も対抗となる存在。山口の牙城を崩すことが出来るのか注目です。他には、2部で3人入賞を果たした青学の山村、内村、西村が1分でどこまで戦えるのかも気になります。

 

1万m・・・前回の1~3位、オムワンバ、設楽兄弟がそのまま今年も登場し、再度表彰台争いを繰り広げることはほぼ間違いなさそうかな?さらに成長したオムワンバ、先日のGGNで二人で27分台を叩きだした設楽兄弟・・・5000mに比べるとややメンバーが落ちるといわれる1万mですが、そんなことは全く無さそうで、レベルの高い争いが期待できそうです。他に表彰台争いに絡んできそうなのは、日体大の服部、日大のキトニーかなあ?力のある選手が揃っていると思いますが、優勝争いという面ではこの5人が抜けていると思います。

 

入賞争いとなると、西池、関口、田井と28分台を揃えてきた法政が気になります。箱根以降の勢いが凄まじいものがありますからねー。日体大の矢野、山梨学院の井上など力をもった選手がそろっています。他にも有村、大六野、北と3人とも28分台を持つ明治など28分台が20人以上いますからね。。。入賞争いも激しくなりそうです。

 

ルーキーは標準を突破し、なおかつ大学内の争いに勝つのは困難なため、なかなか1万mの関カレに出場してきませんが、3人が出場してきました。1万m29分4秒を持つ早稲田の武田、29分9秒を持つ山梨の佐藤、高校時代に29分17秒を出し、先日のGGNでも14分1秒を出した城西の高橋といずれも期待のルーキーばかりですね。強力なメンバーが揃う1万mでどれだけ上位に食い込んでいけるか楽しみです。

 


PAGE TOP