~去年を振り返る~ 関東インカレ2012 2部5000m

2014年3月8日

続いては関東インカレ2部の5000mを振り返ってみます。5000mの結果はこのようになっております。優勝したのは創造学園大のマレル、元々ジュニアで世界レベルの活躍をしていたマレル、大会記録を更新する13分25秒という恐ろしいスピードで制しました。その後、大学自体が無くなってしまうということでこれだけの選手がどうなるのかとおもいきや、HONDAに就職したのかな?実業団相手でも十二分に戦力になりそうです。

 

2位は東京国際のゲブラシュラセ、ただ一人マレルについていきましたが、同じ留学生であっても力の差は大きかったようです。最終的には30秒以上の差をつけられてしまいました。強化し始めたチームをどれだけ成長させられるか?3位は駒澤のエース窪田、前週は大迫とともに記録を狙いにいきましたが、その翌週でもしっかりと結果を残せるのはさすがです。ただ、それでも留学生との力の差は大きいですね。。。4位は中央学院のエース藤井、1万mに続いての上位入賞はさすがです。1週間しか空きのない5000m,1万mの両方で結果を野押すのはやっぱり難しいですね。まさにエースにふさわしい成績でした。

 

5位は東農大の浅岡、その後は怪我もあって2012年度は思ったような結果が残せませんでしたが、高校時代から力はありますよねー。今年は選手層も薄いのでエースとして活躍してもらわないと困る選手ですね。6位は駒澤の村山、なかなか連続して、安定して結果を残すことが出来ていないですね・・・ムラがあるのが唯一の弱点かなあ・・・ここ最近は改善されてきたようにも見えるのですが。。。

 

7位は青学の大谷、大谷も撃沈癖があったように思えますが、3年時の箱根以降は徐々に安定して来ましたね。その徴候はこの関東インカレでもみてとれました。出雲区間新、箱根2区での好走と最終学年できっちりと締めくくりました。8位は帝京の早川、成長著しい帝京の選手にあって、ひときわ力をつけてきている選手です。その後の箱根予選会でもチーム上位、箱根でも4区2位ですからね。2部とはいえ、関東インカレは力がないと上位には来れないですね。

 

9位は國學院のエース寺田、寺田も走るたびに自己ベストを更新し、絶対的なエースとなりました。箱根2区はやや物足りませんでしたが、あの展開ではしょうがないですね。今年は予選会もありますし、トラック・ロードともにさらなる活躍を期待したいです。10位は流経大の吉村、2種目入賞とはいきませんでしたが、5000mもきっちりと走りました。うーん、やはり流経大に行ったのはもったいなかったような・・・学連選抜だけではなく、チームとして3大駅伝で走りを見たかったなあ。。。

 


PAGE TOP