~去年を振り返る~ 関東インカレ2012 1部ハーフ

2014年3月8日

関東インカレ2012年度1部の最後はハーフを振り返ってみます。ハーフはどうしても5000mや1万mに比べると軽視される傾向にあり、選手が揃わないですねー。5000mと同じ日にあるだけに、そちらに選手が集まってしまうのもしかたのないことですが・・・中には1万mの翌週にハーフを走るという厳しいスケジュールで走る人も・・・すごいです。ハーフの結果はこのようになっております。

 

優勝したのは1万mにも出場した日大のベンジャミン、一時は大きく独走するも、後半はやや疲れて2位以下に強めよられましたが、さすがここで負けるわけにはいかないですよねー。2位には同じく1万mにも出場した山梨学院の井上が入りました。井上の安定感は半端無いですねー。圧倒的な走りを見せるというわけではないのですが、安心して見ていられる感じです。1,2位は1万との掛け持ちというのがすごい。。。

 

3位は東洋の田口、箱根4区で区間賞をとって評価が急上昇しましたが、その力はさらに伸びている印象でした。いまだ駅伝では全て区間賞という素晴らしい走りを続けていますからね。4位は同じく東洋の大津、箱根8区で区間新に迫る走りを見せていた後だけに、田口同様ハーフは強いなーという感じでした。設楽兄弟と合わせて、柏原世代の穴をあっという間に埋めそうだなあと。。。

 

5位は日大の田村、またまた1万mとの掛け持ちの選手が好走しました。やっぱり田村は2012年度関東インカレの頃が一番良かった気がするなあ。。。その後は怪我があったりで万全ではない状態が続いていたので・・・4年生は万全な状態でレースに臨んで欲しいです。6位は上武の渡辺、7位も上武の氏原とまさか上武の選手が二人共入賞するとは思いませんでしたねー。この加点のおかげで残留まで後一歩というところまでいったのですが・・・明治の大逆転を食らってしまいました。

 

8位は東海の元村が入りました。元村は5000m13分台のタイムを持っていますが、比較的長い距離でしっかりと走れている印象がありますねー。東海でハーフを走れる戦力は貴重だからなあ。。。もっと増えて欲しいところですが。9位は早稲田の市川、市川もハーフで結果を残しており、駅伝でも期待されたのですが、走るたびに評価を落としてしまっていったようで、最後の箱根は結局走ることが出来ませんでしたね。。。残念です。10位は日体大の大田、市川と同じくハーフの距離に強く前年度の箱根は出走していましたが、最後は16人メンバーからも外れてしまいました。それだけ日体大が充実していたとも言えますが・・・

 


PAGE TOP