~去年を振り返る~ 関東インカレ2012 1部10000m

2014年3月8日

いよいよ2013年度の関東インカレも近づいてきたということで、2012年度の結果を振り返っていきたいと思います。まずは1部の1万mについて・・・結果はこのようになっております。

 

1位になったのは山梨学院のオムワンバ、終始先頭を走り、ラストスパートで一気に2位以下に差をつけました。元々中距離の出身ということで1万mはどうなんだろう?とやや懐疑的な見方をしていましたが、それが一気に吹き飛びました。その後もハーフまであっという間に距離対応してしまいましたねえ。黒人選手の度重なる成長を目の当たりにすると、やはり人種の壁というものを感じずにはいられなくなってしまいます。

 

2位に入ったのは東洋の設楽啓太、途中からはオムワンバと悠太と3人での走りとなりましたが、最後は悠太を突き放して見事2位となりました。3位に入ったのは同じく東洋で双子の弟の悠太、双子での表彰台となりました。柏原世代が抜けてどうなるのかなあと思っていましたが、設楽兄弟がいるから大丈夫と思わせる圧巻のレースでした。兄と比べると最初は見劣りしていた悠太ですが、2年の箱根以降は啓太に勝るとも劣らない走りを見せています。

 

4位には東海大の早川が入りました。4年間結果を残し続けたというのが本当に素晴らしいですね。どの大会でも外さない選手でしたが、最後の関東インカレでもきっちりと走りきりました。5位にはやや失速してしまった日大のベンジャミンが入りました。ベンジャミンは年々強くはなっているのですが、やや安定感にかける部分がありましたねー。先輩のダニエルが日本人にはほぼ負けなかったからそう思えるのかなあ?とはいえ、4年時は駅伝・予選ともに誰にも負けること無くすべてトップだったのは見事でした。

 

6位には早稲田の平賀が入りました。元々ロードで強さを見せていましたが、徐々にトラックでも力を発揮出来るようになりましたね。平賀の存在は本当に早稲田にとった大きかったですね。絶対的なエースという存在ではなかったですが、常に安定した強さがありました。7位には順大の田中が入りました。順大のエースとして、箱根に出られなかった暗黒期からずっとチームを引っ張り続け、他大のエースとも張り合える選手に成長しましたねー。

 

最後の入賞である8位には日体大の矢野が入りました。この頃は矢野も強くなったなーと思っていましたが、そこからさらに一皮向けて成長してくるとは思いませんでした。全日本、箱根、都道府県対抗、クロカンとずっと好成績を収める強さと安定感を身につけました。9位と惜しくも入賞を逃したのは日体大の本田、今思えばこの頃からすでに日体大はチームを立て直していたのかなあ?本田も2年連続箱根の2区で好走しました。10位は日大の田村、思えば2012年度はこれが一番いい走りだったのかな?なかなか駅伝では結果を残せませんでしたが、今年いは最上級生としてしっかりと走ってもらわないと困りますね。。。

 


PAGE TOP