早稲田大学~2013年度戦力分析~

2014年3月8日

最後は、箱根でラスト勝負の末、5位となってしまった早稲田大学について・・・2010年度は見事な3冠達成となりましたが、それ以降は徐々に戦力ダウンが顕著で心配しておりました。しかし、学生ハーフで自己ベストを更新する選手が続出、1万m記録会でも好タイムを出す選手が多く、4年生卒業の戦力ダウンの影響を最小限に抑えている印象があります。エース大迫の最終学年、どこまで上り詰めることが出来るでしょうか?持ちタイムはこのようになっております。

 

4年生について・・・大学生No.1ランナーの呼び声高い大迫がチームを引っ張ります。日本人唯一の1万m27分台、5000mも13分31秒は日本人トップです。3大駅伝フル出場を続けており、今年も3大駅伝でのフル出場は怪我がない限り確実ですね。続くのは志方、怪我に悩まされてなかなか力を発揮出来ていませんが、1万m28分38秒を持ち、実績も十分、後は万全な体調で駅伝シーズンに臨めればというところです。今年は活躍してもらわないと困りますからね。

他にも、箱根6区を走り12位だった相原、9区を走り12位だった田中がいます。ともにハーフで4分ちょっとの持ちタイムを持ち、距離が長くなるほど強い印象かな?この4人はそのまま箱根にも出走となるかな?やはり、大迫の最終学年、どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

 

3年生について・・・大迫に次ぐ存在は間違いなく山本でしょう。5000m、1万、ハーフの全てでチーム2位となっており、箱根でも5区で2年連続好走しています。駅伝フル出場をしていて、失敗レースは1年の全日本1区のみと安定した走りを見せています。今年も平地に山に活躍してほしいです。一気にタイムを伸ばしてきたのは箱根10区を4位と好走した田口、1万mで29分14,ハーフで63分16秒までタイムを伸ばしてきました。完全に主力の一人となり、今年は3大駅伝で主要区間をになって欲しいです。他には、ハーフで4分ジャストを出した臼田もいますね。以前よりも安定感が出てきたようです。今年は駅伝に出場してほしい選手です。

 

2年生について・・・成長著しいのはやはり柳かな?陸上経験が浅いにも関わらず、全日本、箱根に出場を果たし、1万m29分11秒、ハーフも63分26秒まで伸ばしてきました。駅伝では力を発揮出来ていないですが、徐々に経験を積んでいけば、もっと結果を残してくれるでしょう。箱根は出られなかったものの、出雲、全日本と出場した高田も期待の一人、ハーフで63分26秒と柳と同タイムです。二人で争ってさらに伸びていって欲しいところ。

3大駅伝の経験はありませんが、学生ハーフで63分31秒を出したのは三浦、元々このトリオに期待が集まっていましたが、三浦はやや出遅れていました。ここで一気に追いついてきたかな?箱根6区の候補だったという話もありますが、今年は3大駅伝出場を果たしたいところ。

 

持ちタイムを見てみると、層はだいぶ厚くなって来ましたよね。ただ、駅伝経験が浅い選手が多いだけに、その持ちタイムを駅伝で発揮できるか?というところは未知数なのが不安要素です。ルーキーの武田が29分4秒をいきなり出すなど、1年生も即戦力候補がいますし、どこまで勝負できるか?このまま落ちて行かないためにも、再び優勝争いに加わっていきたいところです。

 


PAGE TOP