早稲田大学長距離競技会結果雑感(2013/04)

2014年3月8日

大学が主催する記録会と言いますと日体大が有名ですが、第1回記録会が行われました。第1回ということは、今まで行われていたのは早稲田内で、これからは早稲田以外の選手も含めて行われるようになるのかなあ・・・?結果はこのようになっております。順位にちょいちょい空きがあるので他の大学?の選手も走っているぽいですが、今のところ情報が無いので不明です(汗)

 

どうでもいいといえばどうでもいいのですが、早稲田の記録会は小数点1桁までしか記録が残らないのですよね。14分14秒3みたいな・・・データ好きとしては、小数点2桁まで測定してほしいなあ。。。それはさておき、まずは5000mについて・・・1年生の主力を中心に出場しました。その中でトップだったのはルーキーの武田、自己ベストには3秒及びませんでしたが、14分14秒はまずまずではないでしょうか?高3の終わりから外すこと無く結果を残し続けていますね。早稲田のナンバー1ルーキーは武田ということになりそうかな?関東インカレへの出場もほぼ間違いなさそうですね。

 

2位タイは14分31秒でルーキーの浅川、平が同タイムでした。浅川はともかく平はやっぱり物足りないなあ・・・本来であれば武田以上の成績を残しても全くおかしくない選手なのですが・・・まだ入学して1ヶ月未満ですし、楽しみに待ちたいと思います。ルーキー以外では2年の中村駿介、3年の高橋がそれぞれ14分35秒、37秒で自己ベストでした。ココらへんの選手が出てくると、さらに選手層が厚くなってくるんですけどねー。

 

1万mでは、9区を走った田中が29分28秒で自己ベストを5秒縮めてきました。10区を走った田口のほうが勢いはありますが、田中も最上級生として負けていられないですよねー。今年度も9区を走るようであれば、今度は稼ぐ9区にしたいところ。2年の高田は自己ベストには8秒及ばないものの、29分35秒はまずまずの結果かなあ?前年度は箱根にだけ出られなかっただけに、今年は3大駅伝フル出場を果たしたいところ。

 

3年の臼田が29分42秒で自己ベスト、チーム10位に入って来ました。他の選手の勢いにやや押され気味ではありますが、結構堅実に走っているんですよねー。今年は3大駅伝デビューの年にしたいですね。2年の中村信一郎も29分56秒で自己ベスト、30分を切ってきました。今年の早稲田の選手層の薄さは深刻だと思っていたのですが、記録会があるたびに中堅どころの選手が自己ベストを出して層が厚くなっていきますねー。残る心配は山本、志方といった準エース格が結果を残せていないことくらいかなあ?このままでは大迫への依存度が高くなりすぎてしまうのが心配です。。。

 


PAGE TOP