順天堂記録会の結果を考察(2013/04)

2014年3月8日

順天堂記録会の結果がようやく出ましたので、雑感を述べたいと思います。結果はこのようになっております。結果が出るのがかなり遅いんですよね。日体大記録会などは30分後には速報を載せてくれているのに。。。記録好きの私としては、もちっと早く載せてくれると助かります。5000mで記録ラッシュとなった結果を振り返ってみたいと思います。順天堂持ちタイムはこのようになっております。

 

実にチームトップ6のうち5人が今回の自己ベスト更新によるものです。そんな中、チームトップとなったのは松枝、着々と自己ベストを更新してきましたが、一気に14分4秒まできました。もはやチームの主力といっていい選手ですね。高校時代は世代トップクラスではなかったものの、1年から箱根3区を任され、その後持ちタイムもどんどん更新しているところが、日体大の山中に似ているような・・・チームを引っ張っていって欲しいです。

 

14分5秒でチーム2位となったのは小澤、1万mに続いてチーム2位です。箱根2区を走っており、力からすれば13分台を出してもおかしくないですし、エースとして活躍して欲しい選手です。箱根以降、ハーフで撃沈したりとちょっと不安でしたが、復調してきたようで何よりです。

 

同じく14分5秒を出したのは岩崎、徐々に安定して結果を出せるようになってきたような・・・去年の全日本予選会では失敗レースとなってしまっただけに、今年はリベンジしてほしいです。どちらかといえば、短い距離のほうが結果を残せていますが、もちろん、箱根でも戦力となってくれないとかなあ。。。一気に関カレのA標準を突破してきて、無事にフルエントリー出来そうです。

 

松村優も14分11秒で自己ベストですが、1万m28分台、箱根を9区を1年生にして5位で走ったことを考えると、やっぱりまだまだ完全復活とはいかないのかな?1年の時が一番輝いていたというのがちょっと悲しい。。。3年生でのさらなる飛躍に期待したいです。

 

松村和も14分12秒で自己ベスト。一気に20秒以上ベストを更新してきました。ハーフ3分台を持っているものの、優樹に比べるとスピード不足と不安定なところがあってなかなか駅伝出場の機会はありませんでしたが、この調子ですと今年は駅伝でも活躍が期待されそうかなあ?優樹とともに切磋琢磨していってほしいです。

 

チームの主力がそろって自己ベスト更新というのはいい流れですねー。後は的野が戻ってきてくれればといったところかな・・・記録会にさえ出てこないので状態がさっぱりわかりませんが、走力はありますし、層の薄い今年は力になってもらわないと困るのですが。。。

 

ルーキーの安斎も自己ベストを更新とはいかなかったものの、14分20秒でまずまずの走りを見せていますし、少しずつ卒業生の穴を埋めていってくれればと思います。他には稲田が14分34秒で大学での初5000mかな?ハーフによく出ている印象ですが、トラックでスピードをつけてそれを生かしていってくれればと思います。

 


PAGE TOP