2013年織田記念陸上 5000m 結果雑感

2014年3月8日

ユニバシアード5000mの選考会でもある織田記念陸上が行われました。日本人トップとなったのは13分37秒という好記録を叩きだした日体大の服部、去年の全日本以降、外すこと無く結果を残し続けていますねー。本当に強くなりました。1万mに続いて5000mもユニバ代表の権利を手に入れたのかなあ?ちょっと詳しくなくて申し訳ないですが、ユニバの5000mと1万は別々の選手が出ている印象があるのですが・・・

 

13分49秒で学生2位となったのは城西の村山紘太、1万mでは兄の謙太がユニバ代表を決めていますが、弟も負けてないですねー。5000mの代表をほぼ手中に収めました。双子で別々の大学に進むというのは最近だと珍しいですが、結果としては両者ともに着々と成長していますし、良かったのかな?

 

ラストで抜かれてしまい、13分50秒で学生3位となったのは油布、ちょっと怪我をしていたようですが、先日の1500mに続いての出場でほぼ復活と見ていいのかなあ?貴重な戦力なだけに関カレから活躍してくれないと困りますねー。続くのは、城西の山口、自己ベストにわずかコンマ数秒及びませんでしたが、13分53秒で走りました。3年生キャプテンとして、前回の箱根は出場できなかっただけに、今年は走りでチームを引っ張って行きたいですね。

 

明治の横手が続いて13分55秒で走りましたー。この前は14分30秒かかったりと心配していたのですが、自己ベストに近いタイムを出してきて一安心です。去年の関カレではチームを救う走りを見せましたが、今年も1部残留に貢献する走りを見せて欲しいです。続く東海の元村までが13分台でした。これまた自己ベストには及びませんが、いいタイムですね。東海の4年生は層が薄く、元村に依存する部分が大きいですが、勢いのある1,2年生に負けずに頑張って欲しい。

 

13分台とはいかなかったものの、早稲田の山本が14分8秒、青学の藤川拓が14分10秒でした。早稲田の山本がユニバ選考にいずれも出場しているのですが、結果が伴わないですねえ。。。渡辺監督曰く、箱根5区の疲れがなかなか取れないのでは?とのことでしたが・・・かなーり心配です。大迫とともにチームを引っ張っていってほしいのになあ。。。藤川拓もどんどん自己ベストを出している他の選手と比べると、箱根6区で14位となって以降、なかなか見せ場が無いような・・・箱根の5,6区はやはり負担が大きすぎるのかなあ・・・?

 

ユニバ選考ではない5000mAでは青学の竹内が13分56秒とセカンド・ベストですねー。織田記念ではセカンドベストの選手が多かったような・・・先日の日体大記録会でも1万mで28分台を出し、完全復活とみていいでしょう!箱根はもちろん、関カレから怪我なく活躍してくれれば・・・貴重な戦力となりそうです。

 

長距離ではないのですが、織田記念で驚異的なタイムを出したのが100mの桐生・・・10秒01と日本歴代2位の凄まじいタイムを出しました。まだ17歳、高校3年生というからびっくりです!!これが予選のタイムですからねー。決勝は2.0mを超える追い風が吹いて参考記録となってしまいましたが、10秒03・・・慶應の山懸も数ヶ月の怪我から復帰して追い風参考ながら10秒04、若い二人が夢の9秒台出しちゃうかも??

 


PAGE TOP