法政大学~2013年度戦力分析~

2014年3月8日

続いては、箱根でまさかのシード権獲得、その後も主力が自己ベストを面白いように更新し、箱根での走りがフロックではないことを証明している法政大学について・・・箱根予選会を8位で突破した時には、本戦は厳しいと思っていましたが、甘く見ていました。坪田新監督の元、さらなる躍進が期待されます。持ちタイムはこのようになっております。2~4年生について分析していきます。

 

4年生について・・・成長著しい田井がもはやエースとなったのでは?箱根予選では42位、箱根では3区13位と目立った成績では無かったのですが、その後学生ハーフで62分台を出し、5000mでもベストを更新、1万mでは28分台に突入と凄まじい勢いで結果を残しております。元々チームのエースでありながら、怪我に苦しんでいた田子も力はあります。1万m29分1桁を持っており、最終学年の今年、復活してくれれば心強い戦力となります。他にも箱根9区を走った松田、10区を走った高梨がおり、23kmを走った箱根経験者がいるのは大きいです。

 

3年生について・・・箱根5区で区間2位、関口が山だけではないことを証明し続けています。学生ハーフでは63分1秒、1万mでも28分49秒を出しており、平地でも強いところを見せています。走力が上がれば山でもますます楽しみになりますね。他には5000m13分台、1万mは高2にして28分39秒を出した西池がいます。1年時は怪我に苦しみましたが、箱根予選では18位とチームトップ、箱根でも1区3位とシード権獲得に大きく貢献しました。今年は5000m、1万mの持ちタイム更新しも期待したいところです。他にも、箱根4区を3位と監督もびっくりの好走をした黒山、箱根予選を2年連続で走っている佐野もおり、楽しみな学年です。

 

2年生について・・・唯一の箱根経験者である、藤井孝が中心になるかな?続く選手はちょっと迷うところですが、持ちタイムからいえば、高校時代14分1桁を出した樋上に期待したいところ。1万mで30分30秒以内で走っている選手がいないというのはちょっと気になりますねえ。2年生になり、徐々に距離対応してくる選手が増えてくれればというところかな?ベストをどんどん更新していってほしいところです。

 

やはり、田井、関口の勢いがすごいですね。他の選手もこれに続けるようだと、本当に楽しみなチームとなりそうです。3大駅伝の出場権は出雲・箱根を確保しております。出雲は案外楽しみな存在となるかも??全日本予選は厳しいとは思いますが、28分台が3人いるのは心強い!1,2組を上手くしのげればひょっとするかもしれません。エースと呼べる選手が複数出て来ましたが、選手層が薄いのには変わりはないので、特に2年生以下から新戦力となる選手が出てきて欲しいところかな。

 


PAGE TOP