日体大記録会5000m結果その1(2013/04)

2014年3月8日

好記録が続発した1万mに比べると、風が強くコンディションが良くなかったようで、自己ベスト更新ラッシュとはならなかったようですが、そんな中でも13分台を出した選手が複数人いました。記録会結果はこのようになっております。14分20秒以内で自己ベストを更新した選手を中心に取り上げます。

 

トップの記録を出したのは上武の山岸、13分56秒と13分台となりました。学生ハーフで62分台を出し、3位に入ってユニバ代表となった力は本物ですねー。4年生で山岸以外出てこないのは寂しいですが、どんどんベストを更新していますし、今後の活躍が楽しみです。他には、3年生主将となった佐々木が自己ベスト更新です。といっても、14分29秒ですので・・・もう少し持ちタイムもあげたいところですねー。

 

13分58秒台を出したのは3人います。まずは東農大の戸田、1万m28分台を持ち、1500mで関東インカレを制するだけあって、やっぱりスピードはありますねー。チームで二人目の13分台となりました。今年はエースとして活躍してもらわないと困る選手ですね。日体大の山中も13分台を出しました。箱根で好走した後、クロカンでも結果を残し、世界ジュニアクロカンにも出場するほど力をつけていましたので、 この結果も驚きは無いかなあ・・・本当に日体大は箱根以降止まること無く活躍する選手が出てきますね。山中も3本柱に次ぐ存在となってきたかなあ?さらな る成長が楽しみな選手です。

 

青学の川崎も13分台を出して来ました。箱根4区では区間二桁となってしまいましたが、一段階レベルアップしてきたのかなあ?出雲から出番があるかも・・・また、先日5000mでベストを更新した鈴木が14分3秒で再度ベストを更新、チームで7番目とトップ10に入って来ました。ハーフも3分台を持っていますし、4年生ながらまだ3大駅伝の経験はありませんが、最終学年に一花咲かせられるか?

 

同じく、再度自己ベストを更新したのは中央学院の岡本、14分7秒までタイムを伸ばしてきました。6区を二度一桁で走っているだけあってスピードもあるのかなあ?最終学年の今年、活躍が楽しみです!及川も2秒ですが、14分17秒とベストを更新しました。箱根8区で区間一桁で走り、ハーフの距離にも対応したようなので、さらにスピードもアップさせてほしいですね。

 

大東大の大西が14分11秒で1秒ですがベスト更新しました。5000mはわずかに更新する選手が多いような・・・それにしても、大東大が順調に記録を伸ばしてますねー。この勢いを継続していきたいところ。駒澤唯一の記録更新となったのはルーキーの浅石、持ちタイムはルーキー5番手でしたが、3年終わりから自己ベストを更新したり、大会で好走したりと勢いがあるんですよねー。こういう選手が案外1年目から戦力になったりしますがどうでしょうか?他の駒澤の選手で自己ベスト更新がいなかったようで、ちょっと箱根以降、一部の主力以外記録を伸ばせていないですねー。

 

日体大の鈴木が14分16秒で10秒ベストを更新しました。箱根6区での好走が記憶に新しいかと思います。ロードですが、10kmを28分台で走ったりとますます力をつけてきているようです。箱根6区以外でも今年は出番がありそうかなあ?最後は日大の荻野、14分18秒でベストを10秒更新です。1万m29分22秒で走っていますし、むしろまだまだ記録は出せるのでは?1年生の時から箱根予選、全日本、箱根とすべて出場しておりますし、今年もフル稼働してもらわないと。。。他にも林、日向野が14分23秒、24秒でわずかですがベスト更新です。少しずついい方向に向かっているのかな??

 


PAGE TOP