中央学院大学~2013年度戦力分析~

2014年3月8日

続いては、中央学院について・・・ここ数年は怪我で戦力が揃わず、全くもってシード権争いに絡めていませんでしたが、今年は故障者もほとんどなく、主力が力を出し切れなかった部分があるものの、何とか10位でシード権を獲得しました。そんな中央学院の持ちタイムはこのようになっております。

 

4年生について・・・箱根6区で2年連続で区間一桁で走っている岡本、箱根4区で区間4位と好走した沼田、箱根5区を3年連続で走っている田中と今年も活躍が期待される選手が揃っています。5,6区に経験者がいるのが大きいですね。さらに、前回は箱根に出れませんでしたが、前々回10区を走った沖田もいます。4年生に選手が揃っているチームは、やはり勝負の年ということになりますね。

 

3年生について・・・箱根8区を区間一桁で走った及川、箱根10区を6位で走った山田、箱根7区を走った木部と、箱根経験者が揃っています。さらに、前回は箱根に出れなかったものの、一昨年1区を走った芝山がおり、前回経験者3人、前々回経験者1人と4年生と全く同じ人数ですね。実績ではやや4年生の方が上ですが、持ちタイムでは負けていないですし、4年生に負けない活躍を期待したいです。他に箱根経験者以外の3,4年生で出てきてくれればさらに言うことなしですが、現有戦力でも十分豪華ですね。

 

2年生について・・・やはり、1年生ながら28分台を叩きだした潰滝、塩谷が注目ですね。箱根以降の勢いを見ると、潰滝が一歩リードしている感じかな?走るたびに自己ベストを叩き出していますからね。本当にどこまで成長するのか楽しみです。塩谷は1万、ハーフで好記録を出したものの、箱根3区で18位とブレーキになってしまい、それ以降は何かあまり姿を見ないような・・・是非とも潰滝とともに2年だけではなく、チームを引っ張る存在になってほしいです。2年生の3番手がやや力が劣りますね。箱根16人に入ったのは李がいますが、まだまだ持ちタイムを見ても戦力には数えにくいかなあ。。。中学の育成力にも期待です。

 

こうしてみてみると、選手の数は問題無さそうですね。ルーキーも持ちタイムのいい選手、ロードに強い選手と前よりもスカウトが良くなって来ましたし・・・後はやはり、藤井というエースが抜けた穴をどう埋めるかなあ?エースと呼べる選手がいないのがちょっと気になります。木原というエースが抜けた後も、やや苦しみましたしね・・・やはり、潰滝にその座を期待せずにはいられないですね。柱となる選手が出てくれば、さらにチーム力も上がっていきそうです。

 

箱根シード権を獲得したことで、出雲・箱根の出場権はすでに保持しています。残る全日本予選も去年は本気で狙いに来て、後一歩というところまできました。今の戦力ならば3大駅伝フル出場も十分可能だと思います。フル出場となると4年ぶりということになりますねえ。是非とも突破して欲しいと思います。

 


PAGE TOP