国士舘記録会(2013/04)結果雑感

2014年3月8日

だいぶ今更感は否めませんが、先日、国士舘記録会が行われました。記録会結果はこのようになっております。主に中央学院、法政大学の選手が走っており自己ベストを更新した選手が多かったので、それらの選手を中心に取り上げます。。。というか、基本チームトップ10に入っている選手で自己ベストを更新した選手だけ・・・それ以外は記録会結果 or 他の有名ブログ(?)を見ていただければ。。。

 

<法政大学>

田井慎一郎 14分12秒06
関口頌悟 14分17秒78
佐野拓馬 14分13秒76
高梨寛隆 14分36秒12

 

本当に法政大学の勢いは止まらないですね。3区を走った田井、シード権獲得の立役者で5区を走った関口、10区を走った高梨など主力が軒並み自己ベストを更新です。元々の持ちタイムが実力に比べて低すぎたというのもあるでしょうが、シーズン初戦から自己ベスト連発というのは勢いを感じますね。坪田監督になってどこまでこの流れを継続できるのか、さらにチームとして成長していけるのか、楽しみです。

 

持ちタイムはこのようになっており、田井、関口、佐野がそれぞれチームで3位、4位、5位に入って来ました。田井、関口は学生ハーフでのタイムからすれば、まだまだ記録を伸ばすことは出来そうですが、法政は5000mにあまり重きを置いていないようなので走る機会自体少ないかな?監督が変わってどうなるかは不明ですが。。。

 

<中央学院>

潰滝大記 14分08秒01
岡本雄大 14分13秒58
山田侑記 14分30秒71

 

1万m28分台の記録を持つ潰滝が一気に14分一桁まで記録を伸ばし、持ちタイムでチームトップになりました。やはり1年生にチームトップの座を譲っている場合ではないですよね。今年度はチームのエースとしての活躍が期待されます。関東インカレの三障も楽しみです!他にも岡本が14分13秒まで記録を伸ばしてきました。山田は箱根出場者なのに、14分30秒で自己ベストなのですね(汗)何度か触れていますが、中央学院の5000mのやる気の無さは異常だ・・・

 

他にも、ルーキーの雲類鷲(すごい名前・・・)が14分30秒切りでいきなり自己ベストを出すなど、好調なトラックシーズンのスタートを切ったようです。藤井、室田の穴は案外早く埋まってしまうのかも?持ちタイムはこのようになっており、潰滝がランクトップになった以外では、岡本が4位に入りました。山田は11位で惜しくもトップ10入りならずか・・・

 

前々から気になってはいたのですが、持ちタイムのデータベースを更新しても、誰がどのタイムを更新したのかぱっと見て分からなかったため、データを更新してから1週間以内の持ちタイムは、赤字かつ太字にすることにしました。(金栗、世田谷記録会以降)

 

さらに、自己ベストを更新した選手の更新前持ちタイムも不明だったため、それも合わせて対応しました。選手情報の詳細を見れば、SB(セカンド・ベスト)も見れるようになっています。SBというのは、その選手の力を見る上である意味ベスト以上に参考になると思うので・・・他にも要望などがありましたら、コメント、掲示板やツイッターなどで遠慮無く言っていただければと思います。

 


PAGE TOP