城西大学~2013年度戦力分析~

2014年3月8日

続いては城西大学について・・・箱根駅伝は残念ながら5区で途中棄権となってしまいましたが、まだまだ戦力は残っていると思います。そんな城西大学の持ちタイムはこのようになっております。2~4年生について見て行きたいと思います。

 

4年生について・・・今年の箱根には出られなかったものの、3年生キャプテンとしてチームを引っ張り、1万m28分台の記録を持つ山口、今年の箱根は残念ながら参考記録だったものの、箱根6区で2年連続でしっかりと走っている平田が中心の学年ですね。しかし、3人目以降がさっぱり見当たらない・・・他に駅伝経験者はおらず、厳しいですね。4年生から他に一人でも出てきてくれると、安心感が増すと思うのですが・・・

 

3年生について・・・ややムラはあるものの、箱根では2区を任された村山絋太がチームの中心でしょう。持ちタイムは5000m,1万mの両方でチームトップを誇ります。しかし、駅伝しっかりと走ったといえるのは1年時の箱根くらいで他はやや凡走が続いているのが気になるところです。。。兄同様、能力の高さは十分だと思いますので、後はその力を駅伝で出して欲しいですね。

 

続くのは、高校時代13分台を出し、先日の箱根でも3区を9位で走った松村、元々村山とともにゴールデンルーキーとして期待されておりましたが、怪我などもあってやや村山に水をあけられていました。ここ最近は、しっかりと走れるようになってきており、今年はチームを引っ張っていって欲しいです。他にも7区を走った寺田、10区を走った二平と徐々に層が熱くなって来ました。4年生がやや心もとないだけに、3年生には大きな期待と重圧がかかることになりそうです。

 

2年生について・・・短い距離に強く、1年生ながら出雲・箱根を走った山本が前年度は唯一の戦力といった感じでした。長い距離にも徐々に対応して箱根でも4区9位とまずまずの走りをしていますし、チームの主力となっていって欲しい選手です。続くのはハーフ4分半切り、箱根16人メンバーにも選ばれた奈須かな?とはいえ、まだまだ戦力として数えるには物足りないですね。他にも選手が出てこないと厳しい学年となりそうです。

 

こうしてみてみると、最初に思っていたのと違い、ちょっと駒が足りない印象がありますね。2年生以上で10人揃えるのが難しそうな感じです。やはり、強力なルーキーたちにかかる期待は大きくなりそうですね。最低2,3人は1年目から出てきて欲しいところですね。3大駅伝の出場権はもっておらず、まずは6月の全日本予選がひとつのターゲットになりますね。去年は山本のブレーキの影響が大きく、予選落ちとなってしまいましたが、今年は上位8人が出場出来れば予選を突破する力は十分にありそうです。ただ、一人でも主力が欠けるようだと厳しいかな。。。そのくらい、層が薄いかなあと。。。箱根予選もまず予選落ちは無いと思いますが、しっかりと20km走れる選手を揃えて余裕をもって予選を突破してほしいです。

 


PAGE TOP