國學院大學~2013年度戦力分析~

2014年3月8日

続いては國學院大學について・・・持ちタイムはこのようになっております。今回はあいうえお順で戦力分析をしていくことにしました。新2~4年生を中心に見ていきます~

 

4年生について・・・当然チームの柱となるのはエースの寺田ということになります。持ちタイム・実績ともにチームでダントツトップですし、チームを引っ張っていってくれないと困ります。続く4年生がやや心もとないのが今年度の國學院ですね。。。箱根を走ったのは3区を走った柿沼のみです。他に出雲を走った牛山がいますが、箱根に出れないということは、長い距離はまだ不安があるのかな?4年生がしっかりしていないと箱根で好成績は残せない理論により、寺田以外の選手の奮起に期待したいです。

 

3年生について・・・箱根で5区を走った大下、1区を走った沖守、9区を走った鮫島と主要区間を走った選手が3人おり、今年は上級生としてさらなる活躍が期待されますね。特に沖守は調子が万全ではないが、他に選手がいないため、やむを得ず走って1区19位だったようで・・・リベンジに期待したいところです。大下も悪くは無いですが、寺田の代わりに走ったことを考えると物足りないですよね。今年度の中心となる学年かと思いますので、主力に負けずに他の選手もどんどん出てきて欲しいです。

 

2年生について・・・去年、1年生ながら箱根を走った二人、吾妻と廣川が中心になりそうですね。他にも2年生では1万m持ちタイムトップの中瀬がいます。特に吾妻は8区を6位と好走しており、今年度は往路での起用も考えられますねー。比較的スカウトの悪い國學院で1年生が好走するというのはやっぱりさすがの育成ですね。

 

こうしてみてみると、核となりそうな選手は各学年にいるものの、選手層の薄さが気になりますね。今年度は3大駅伝の出場権をもっておらず、一枠増えるとはいえ、全日本予選の突破は厳しそうです。やはり、箱根予選会、箱根本番を見据えての流れになっていきそうですね。さすがに予選落ちする戦力ではないと思いますが、予選会を経験している選手がほとんどいないだけに、一抹の不安はあるかな。前田監督のことですから、きっちりと合わせてくれるとは思いますが・・・

 


PAGE TOP