神奈川大学 ~2013年度戦力分析~

2014年3月8日

続いては、神奈川大学の2~4年生の戦力分析をしていきます~持ちタイムはこのようになっております。各学年ごとに見ていくには、学年順、5000mのPB順に見ていくと見やすい気がするなあ。。。

 

4年生では・・・ちょっと名前が上がってこないんですよねー。箱根の14人エントリーメンバーにも一人も入っていませんし、何とか持ちタイムの上位10人に坂本、上倉が入ってはいますが、駅伝での出走経験がある選手が一人もいない学年ということになります。もしかすると、このまま一人も走らずに卒業してしまうかも。。。しかし、やはり駅伝は4年生がしっかりと走れるチームが強いですし、いくら2,3年生が力があるといっても、4年生の意地を見せて欲しいところです。

 

3年生では箱根予選会で安定した成績を残している赤松、柿原、箱根3区でなかなかの走りをした小泉、箱根5区では明らかに体調がおかしくなってしまい、棄権を避けるのが精一杯の走りになってしまった柏部と4年生とは違い、駒は揃っていますね。本来エース格になってほしい柿原が箱根出場経験が無いなど本番で足並みがなかなか揃わないのが課題ではありますが、力はあると思います。特に、5区で大ブレーキとなってしまった柏部には是非とも復活して来年の箱根ではいい走りを見せて欲しいです。

 

2年生では、やはり7区区間賞を獲得した我那覇、2区を走り11位といい走りを見せた西山の2枚看板が強力です。二人共1年生ながら素晴らしい活躍をしました。今年は2年生だけではなくチームを引っ張っていく存在になっていくでしょうし、なってもらわなくてはならない選手です。二人には劣りますが、持ちタイムのいい永信や箱根予選会を走った渡邊などもいますし、3年生とともにチームの中心となる学年になります。

 

1年生の即戦力はおらず、2,3年生が中心になっていくと思いますが、それではやや駒が足りない印象ですね。まだ、3大駅伝の出場権はありませんが、まずは全日本予選会で去年の再現を見せたいところですね。監督もまさか予選突破出来るとは思っていなかったようで・・・私もびっくりでした。西山、我那覇が4組を走ることになるのかな?2,3年で1~4組まで組むことも十分考えられそうです。箱根予選会もしっかりと突破して、来年こそ15位前後からの脱却を見せて欲しいです。

 


PAGE TOP