2013年 新年度平均持ちタイム~5000m~

2014年3月8日

本当は今年度の平均持ちタイムについて考察しようかなあと思ったのですが、よく考えるとトップ10が揃っておらず・・・今更卒業する4年生をデータベースに登録するのも微妙だなあということで、私事都合で申し訳ないですが、新年度で考察します。1年後に、このタイムがどれだけ縮まっているか楽しみです。新年度平均持ちタイムはこのようになっております。簡単な感想を・・・

 

強力な4年生が抜けたにも関わらず、駒澤が引き続き1位を守りました。とはいえ、中谷、西山はもちろん、中村、大谷、其田と5名が高校ベストが自己ベストとなっているのが気がかりですねー。

 

2位は明治、強力な新3年生が6人トップ10に入ってきています。まだまだタイムを伸ばせそうな選手が多いですし、去年と同じように5000mの記録会に積極的に出てくるようですと、全体トップになるのは時間の問題かな?

 

3位は東洋、新4年生がトップ10に5人います。明治同様、どんどん自己ベストを更新してきていますし、新4年生がまだまだタイムをあげてきそうです。

 

4位は早稲田、新1年生がトップ10に入ってきているのがやはり印象的かな。箱根以降、ハーフでどんどん持ちタイムを更新してきましたが、その流れをトラックシーズンにもつなげていけるか?

 

5位は青学、スカウトが良かった1,2年生で6人を占める若いチームです。14分10秒台の選手が多く、まだまだ平均を上げることは出来そう。久保田ら主力の5000m更新も見たいところですねー。

 

6位は城西、7位は中央と箱根で棄権してしまった2校が奇しくもおとなりに・・・とはいえ、城西は新1,2年生の人数が多く、中央は逆に新3,4年生がトップ10に多いです。若いチームと経験のあるチーム、どちらがより早く箱根の失敗から立て直してくるかな?

 

8,9,位は日体、東海と何と箱根優勝校と箱根予選会落ち校が並んでおります。5000mの持ちタイムなんて当てにならないやんという証明をしてしまっていますね。。。スカウトが2年連続良かった東海は本当に何とか立て直したいところ。

 

10,11位は山梨、日大と留学生のいるチームが並んでおります。山梨はあまり5000mには積極的に出ている印象がないけれど、意外とタイムがいいですねー。日大もあんまり高校ベストを更新出来ていないような・・・5000mに力を入れないなら、ハーフでしっかりと走って欲しいのですが・・・

 

12,13,14位は帝京、順天堂、大東・・・帝京はスカウトが悪い上に5000mにあまり出ないのでしょうがないですねー。順天堂は4年生卒業の煽りをもろに喰らいました。大東は全然5000mのベストが更新されないんですよねー。全チームで一番上位が更新されていないかも・・・でも、ハーフでガンガン自己ベストが出てるからいいのかな?

 

15,16,17位は東農、法政、専修・・・東農は4年生の卒業とスカウトの失敗が痛かったなあ。データを見ても正念場です。法政も5000mはあんまり出場せず、ベストが更新されないですねー。大東以上にハーフで好調なので問題無いですが・・・専修は元々スカウトが悪いうえに5000mより1万メインで出場してくるのでしょうがないか・・・下位は5000mに消極的&スカウトが良くないところが多いですねー。当然といえば当然ですが。。。

 

18,19,20,21位は中学、國學、神奈川、上武・・・いかにもトラックよりもロードに強いとおもわれるチームが並びました。中学はルーキーがチームトップというほど5000mはほったらかしですし、國學の持ちタイムが悪いのはいつものこと。。神奈川も5000mやる気無いからなあ・・・上武は5000mに出ない以上に戦力不足かな…予選会だけは大丈夫だと思うけど。

 

5000mの平均持ちタイムは、箱根の成績とは相関関係が一番薄いですからねー。各大学ともあまり力を入れていない感じがします。5000mに出るなら1万の方がという傾向が強いような・・・でも、ベストが高校だったり、1万に比べてあまり持ちタイムが悪すぎるのも寂しいので、記録好きの私としては、もっと5000mのタイムも更新してほしいなあと思います。

 

 


PAGE TOP