全日本実業団ハーフ2013結果&雑感

2014年3月8日

昨日、全日本実業団ハーフがありましたねー。どうしても、大学と比べると実業団の大会は盛り上がりにかけてしまう印象がありますが、私は高校~実業団まで幅広く観戦を楽しみにしております♪箱根駅伝が一番楽しみなのは事実ですが・・・上位8人について振り返ってみたいと思います。

 

1着 1:01:15   丸山 文裕  旭化成
2着 1:01:28   ジョハナ マイナ  富士通
3着 1:01:43   ガトゥニ ゲディオン  日清食品
4着 1:02:06   大石 港与  トヨタ自動車
5着 1:02:09   アレックス ムワンギ  YKK
6着 1:02:12   高瀬 無量  日清食品
7着 1:02:15   椎谷 智広  トヨタ紡織
8着 1:02:19   谷川 智浩  コニカミノルタ

 

外国人選手を振りきって優勝したのは旭化成の丸山、序盤からマイナ、ゲディオンとともに抜けだすと、前半ハイペースにもかかわらず、後半も落ち込みを最小限に抑え、見事61分15秒での優勝でした。最後の喜びを爆発させるガッツポーズも良かったですねー。いくら層が厚い旭化成とはいえ、この選手がニューイヤー駅伝に1度も出ていないなんてびっくりです。先日の30kmでも好走していましたし、今年を飛躍の年にして欲しいです。

 

2位、マイナ、3位ゲディオンともに丸山に負けたのはちょっと微妙ですかねえ。他には、富士通にはダニエル、日清食品にはレオナルドと強豪実業団は外国人選手を二人雇うところが出てきていますねー。ニューイヤーには一人しか出られないのに・・・出られなかった方はちょっと気の毒に思ってしまいます。。。ゲディオンもニューイヤーに出てきた当初は圧倒的な強さで前にいるのが外国人選手であってもあっさりと抜き去っていたのに、ここ1,2年はちょっとピリっとしない走りが続いているかな?移籍してしまうという話も・・・5位のムワンギもちょっと・・・って日本人がアフリカンに負けるのは当たり前だと思っちゃダメですよね。。。

 

4位は中央大出身、トヨタ自動車の大石、大学3年以降安定感のある走りをしていましたが、実業団になってもずっと結果を残していますね。1万mの持ちタイムもハーフの持ちタイムも伸ばし、ニューイヤー駅伝でも好走している・・・素晴らしいです。このままさらに成長していって欲しいです。

 

6位は山梨学院出身、日清食品の高瀬無量、大学時代も日本人エースとしての地位は築いていましたが、箱根のエースが集う日清食品に入ってどうなんだろう?と思っていたのですが、大石同様、ニューイヤー駅伝でいきなり結果を残していますね。世代トップクラスよりも、そこまででは無いけれど、チームのエースクラスの選手が結構実業団に入ってからも順調に成長し、結果を残している感じがするなあ。。。しかし、日清は今年村澤、佐々木をとって来年は大迫、さらに四国電力から渡辺・・・本当にすごいですね。そんなにとってどうするんだろう?って気もしちゃいますが。。。

 

7位はトヨタ紡織の椎名、今年のニューイヤー駅伝の4区で好走していましたねー。丸山を除くと、ニューイヤーでしっかりと走れている選手が結構上位に来ている感じかな?トヨタ紡織は、新入生も相当とるんですよねー。東洋の市川、青学の大谷、順天の大池など・・・結構渋めな選手をっている印象が(笑)

 

8位は拓大出身、コニカミノルタの谷川・・・これまた、大学ではエース格ではあるが、全体でみればそこまで目立つ印象ではなかったのですが、ニューイヤーでは優勝したコニカミノルタでスターターを任せれてしっかりと走りましたし、順調に成長してきていますねえ。

 

こうなると、ここ1,2年の大学トップクラスの選手の名前をあまり聞かないのが寂しいですね。柏原も人気先行な印象ですし、鎧坂もなかなか万全な状態で走れていないですし・・・今年の卒業生には、1年目からの活躍を期待したいと思います。


PAGE TOP