2013年新入生上位分析~都道府県対抗~

2014年3月8日

最後は都道府県対抗駅伝の上位選手ですが・・・いよいよ上位選手はほぼ紹介してしまっており、さらにかぶって紹介するのも、これ以上語るネタもないため、まだ未紹介かつ都道府県対抗で上位だった以下の8名について考察して行きたいと思います。うち2名は関東進学ではありませんが・・・

打越雄允
林辰也
秋山雄飛
荒井七海
武田凜太郎
高橋一生
北村一摩
町澤大雅

打越・・・どうやら留学をするようですね。村澤、大迫もアメリカで揉まれて来るらしいですが・・・これで留学した選手がいずれも成功するようであれば、日本の指導者に問題ありということになってしまうので、成長はもちろん嬉しいけれど、ちょっと複雑な思いもあるような・・・持ちタイムは13分台、スパート力がありますし、都大路1区では6位としっかりと走りました。留学でどこまでレベルアップ出来るのか期待したいと思います。

 

林・・・トヨタへ就職するそうです。持ちタイムは全体10位、都道府県対抗で1区7位も見事ですが、それ以上に千葉クロカン、福岡クロカンともに4位というのが素晴らしい。起伏に強い選手なんですねー。宮脇、松本といった高卒育成に実績のあるトヨタでどこまで成長出来るか楽しみです。1万mも29分20で走ってますし、ニューイヤー駅伝のメンバーにどこまで絡んでいけるか??

 

秋山・・・中学時代トップクラスだった選手がここにきて再度ブレイクした印象です。都道府県対抗での4区ぶっちぎりの区間賞・区間新は大きなインパクトを与えました。千葉クロカンでも6位と好走してますし、力がついてきたのかな?青学に行く一色、内田といった有力新入生とともに伸びていくようだと面白い存在になりそうです。

 

荒井・・・4区2位という実績はあるものの、持ちタイムは14分23とやや平凡かなあ。他の実績もあまりないですし、これからの選手という印象です。東海進学ということですが、強い新1,2年生の中でどこまでやれるか楽しみです。

 

武田・・・主要大会は都道府県対抗しか出ていませんが、それで5区区間賞は見事な走りでした。5000mは持ちタイム14分11,1万も29分35と力はありそう。他の大会でも見たかった選手ですが、早稲田に入ってから存分に見ることが出来るでしょう。平同様、1年目から関東インカレ、駅伝に出番が多そうです。

 

高橋・・・5000mの持ちタイムは14分16ながら1万は29分17,都道府県対抗は5区2位、クロカンでも千葉、福岡で7位、3位と共に安定した成績を残しており、3年秋ごろから一気に評価が高くなってきた選手です。こういう選手は大学でも一気に開花する傾向があるきがしますねー。箱根で棄権してしまった城西への進学となりますが、チームのエースの座を争うような選手となっていって欲しいです。

 

北村・・・持ちタイムは14分36と今まで紹介してきた選手ではかなり遅い部類に入りますが、それでも5区5位は見事な走りでした。主要大会での実績もこれくらいしかありませんが、持ちタイム以上の力がある選手なのはほぼ間違いないでしょう。大東大に進学しますが、即戦力として1年目から活躍出来るか?

 

町澤・・・中学時代、トップクラスだった選手です。高校ではトップクラスとまでは言えないまでも、その次のグループには属しているという感じでした。5区6位は久しぶりの快走という印象です。箱根で棄権してしまった中央に進学となりますが、現在の中央はあまり層が暑くないだけに、即戦力として活躍して欲しい選手です。

 

 


PAGE TOP