2013年新入生上位分析~都大路1区、3区、4区~

2014年3月9日

続いては年末に行われた都大路の結果を振り返ってみます。新入生上位分析をしていて気がついたのですが・・・というかわかりきっていたことなのですが・・・いろいろな大会で結果を残している選手ってかぶってしまいますよね。。。なので、都大路では1,3区で上位に入った選手のうち、まだ紹介していない選手8人を選んでみました。

 

【1区】

4位:石橋 安孝→東海
5位:櫃本 隼和→明治
8位:山本 采矢→東洋
9位:田辺 良磨→法政

 

【3区】
4位:大塚 祥平→駒澤
10位:坂田 昌駿→法政
10位:植田 耕佑→東洋

【4区】
2位:廣田 雄希→東海

 

石橋・・・持ちタイムは14分15秒ながら、都大路、都道府県対応ともに1区4位と大会レベルで安定している選手です。さらに、3000m障害では8分台の記録をもっており、関東インカレでも活躍が期待できそう。今の東海にはなかなか安定感のある選手がおらず、美方の出身ということで、偉大な先輩の早川同様に貴重な戦力の一人となってくれれば。。。

 

櫃本・・・持ちタイムは14分23秒ながら、都大路で1区5位、都道府県対抗でも1区8位と石橋にはやや及ばないものの、なかなかの安定感です。都大路、都道府県対抗でともにエース区間で好走する選手というのは、持ちタイムに関係なく強い選手だと思っております。同じ明治のルーキーである近藤よりも櫃本の方が早くに駅伝デビューしそうな気がしております。

 

山本・・・持ちタイムは14分25秒ながら、都大路で1区8位、都道府県対抗でも1区10位とこれまた石橋、櫃本にはやや及ばないものの、いい走りを見せております。石橋、櫃本、山本は持ちタイムもそこまでではなく、あんまり目立たないのですが、しっかりとエース区間を走っている選手という感じです。東洋でなければ、1年目から即戦力になりそうといえるのですがどうでしょうか?層の厚い先輩+新入生に割って入るのは容易では無いでしょう。。。

 

田辺・・・持ちタイムは14分25と山本とほぼ一緒、都大路1区9位もほぼ一緒、しかし、都道府県対抗で1区で27位と微妙な結果となってしまったことが、残念です。都道府県も良ければ、もっと高評価だったと思うんですけどねー。シードを獲得し勢いのある法政に進学ということで、西池、関口、田井といった主力とともにさらなる成長を期待したいです。

 

大塚・・・持ちタイムは14分6秒、都大路3区で24分切りは一流の証だと思います。都道府県も5区4位、クロカンでも結果を出していて安定感はピカイチ。駒澤でも、西山、中谷に勝るとも劣らない力はあると思います。3人とも1年目から駅伝メンバーに絡んできてもおかしくないですね。大塚はロードの方が得意な印象なので、駅伝では一番期待しております。

 

坂田・・・持ちタイムは14分25、都大路3区で10位はまずまずかなあ?田辺とともに法政進学ということで、法政は持ちタイムは大したことないスカウトでしたが、実は意外といい選手を集められているのでは?都大路5区19位はちょっと微妙・・・何だか田辺と持ちタイム、戦績ともに同じような感じですね。ともに伸びていくことが出来るか?

 

植田・・・持ちタイムは14分45秒と今まで紹介した選手ではダントツで最下位ですね・・・それでいて、都大路3区を10位で走ってしまうのですから、いい選手に目をつけたのでは?都道府県対抗も5区20位ですし、持ちタイム以上の力があるのは間違いないですね。しかし、東洋進学では残念ながら1年では出番が無さそう・・・強力な新4年生が抜ける2年目以降が勝負ということになりそうかな?

 

廣田・・・2年時に世界ユースに出場するなど、力を見せつけていたものの、3年になってやや精彩を欠いていた印象のある廣田ですが、都大路で4区2位、都道府県対抗でも5区2位と力が戻ってきた印象です。クロカンでもいい走りをしましたし、東海では石橋とともに即戦力として活躍が期待されますね。何度も書いていますが、予選落ちとは思えないスカウトですよね・・・悪影響が出るのは新3年生のスカウトってことになるのかな・・・?

 


PAGE TOP