2012年度福岡クロスカントリー雑感

2014年3月8日

@sat_ekidenさんをフォロー

↑ツイッターを始めました。
ブログやHPの更新情報、長距離関連で呟いていきますので、良かったらフォローしてください。

 今日は福岡クロスカントリー大会がありました。千葉クロカンは放送が無いですが、福岡クロカンはライブではないですが、放送があるのがありがたいですねー。シニア10kmで全体2位、日本人トップとなったのは早稲田の大迫、世羅出身のディランゴに最後まで離されずについていくその走りは圧巻でした。まさに大学最強ランナーって感じですね。最終学年となる今年、どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

 その他、上位に入ってきた学生は駒澤の上野(4位)日体大の矢野(5位)、服部(10位)といったところ。特に矢野と上野のラスト勝負はタイム差無しの決着でしたが、テレビではちょうどその場面の直前でインタビューになってしまったのが残念でした。それにしても、日体大は好調ですね。箱根駅伝の優勝がさらに成長を加速させているのでしょうか?春から盛り上げてくれそうです。大東文化の市田兄弟も孝が13位、宏が15位と好走してました。二人とも2年生になって一皮むけた感じがありますね。再び予選会からの戦いになりますが、今年も問題無さそうです。

 序盤は前に出ていた村山が結局その後沈んでしまい、23位・・・先日の都道府県対抗、丸亀ハーフと続けて結果を出していよいよ安定感もついてきたのか?と思いましたが、まだもろさはあるようですねえ。。。村山、油布といったところが安定して力を発揮してくれないと、駒澤としてはきついですね。ちなみに、油布は負傷を理由に欠場ということでちょっと心配です。東洋の悠太も怪我らしい。。。

 ジュニア8kmでは千葉クロカンに続いて日体大の山中が日本人トップの2位に…強いですね。日体大、この時期にこんなに調子よくて大丈夫?っていうくらい絶好調ですね。どこまで勢いを持続できるか?3位には城西進学予定の高橋が入りました。1万の持ちタイム、都道府県5区の結果を見ても、力は本物ですね。大学でどこまでタイムを伸ばしてくるのか、どんな走りをするのか楽しみです。

 去年は久保田が都大路以降、圧倒的な力を見せつけましたが、今年はずば抜けた選手がいないですね。近いレベルで争っている感じがします。大学には行ってしまえば、世代トップ争いというのもほとんど意味が無くなってしまいますし、序列もどんどん変わってくるわけですから…各選手とも、大学でのさらなる飛躍を期待したいです。


PAGE TOP