89回箱根駅伝結果 東京農業大学

2014年3月9日

 続いては前回最下位、予選会9位通過の東京農業大学について・・・箱根結果はこのようになっております。前回は5区で完全に終了してしまった東農大、予選会もぎりぎりの9位通過と後が無くなりました。それでも、直前の記録会では28分台を連発して、もしかしたら?と淡い希望を頂いたのですが、その希望はあっという間に消え去ってしまいました。。。そんな東農大のレースを振り返ってみます。

 1区木村が区間15位スタート・・・持ちタイムや箱根予選の走りを考えるともう少し走ってほしかったかな?2区竹内はエースとなってほしい存在ですが、区間19位とブレーキになってしまいました。箱根予選では好走しましたが、やはり2区は荷が重かったかな?3区もエース格の浅岡が区間19位のブレーキ…やはり、一度流れが悪くなると、今の農大ではそれを立て直す力は無いですね…

 期待のルーキーである戸田も4区20位と苦しい走りに・・・力はあるのですが、発揮出来ない展開が続いています。5区内藤も区間15位で往路は17位…2校棄権しているのでブービーということになります。やはり、予選会の成績通りの結果になってしまいましたね。往路で一番良かった区間が15位ではどうしようもないです。

 前回6区2位の佐藤を平地に下ろしてまで走った三輪は区間13位…負担の大きい6区を走るほどには佐藤が回復していなかったか?7区を走ったその佐藤は区間10位…故障明けにしてはよく走ったと思います。8区岩渕は区間16位・・・前回の箱根から続く流れの悪さはなかなか断ち切れないですね。最後に意地を見せたのは4年生、9区青木が区間5位、10区花田が区間8位で締めました。とはいえ、総合順位は往路と変わらずに17位でした。下位校は往路の順位そのままというのが多かったかな?それだけ5区の影響が大きいということか???

 1区木村、5区内藤、9区青木、10区花田と比較的好走した4年生が抜けてしまいます。。。それでいて、新入生は現在判明している情報ではあまりにも即戦力と程遠い状況…正直、今年の予選会で増枠が無ければ予選通過は厳しいのでは?そのくらい追い込まれている状況だと思います。何か変えないと、本当に箱根から消えてしまいそうです。。。


PAGE TOP