89回箱根駅伝結果 大東文化大学

2014年3月9日

続いては前回不出場、予選会4位通過の大東文化大学について・・・箱根結果はこのようになっております。過去2年間出場出来なかったことを考えると、総合12位というのは上出来だったと思います。市田兄弟がいるうちに、再び箱根常連校に戻りたいところですね。そんな大東大のレースを振り返ってみます。

1区で宏が区間5位と素晴らしいスタートをきります。前年度に比べて安定感が出てきましたが、ここまで上位でタスキを繋げるとは思いませんでした。2区片川は区間14位ですが、他大のエース級がそろうことを考えると精一杯やったと思います。どうしても大エースがいない予選会校は2区で苦しむことが多いですからね。。。3区は孝が区間11位…今年の3区は有力選手が何人もいましたが、せめてもう少し順位をあげたかったですね。3本柱を使って総合8位は計算通りか計算外だったのか・・・

4区池田は区間11位も一気に順位を落としてしまいました。持ちタイムを考えると、ここもまずまず頑張ったのでは。。。5区を走った大﨑は区間12位と山の大東という走りは出来ませんでしたね。総合12位で復路のメンバーを見ると、やはりこの時点でシードは厳しくなってしまいました。

6区田口は区間16位とややブレーキ気味・・・59分台が大量に出ている中、61分半はやはり追うチームとしては苦しかったですね。7区大西が区間8位と復路唯一の一桁順位で維持を見せますが、総合順位はあげられず・・・というか復路はずっと総合12位のままでしたね。8区吉川が区間10位とこれまたまずまずな走りをしますが、個人的には期待していた9区稲田康希が区間16位とブレーキになってしまったのが残念でした。10区植木も区間13位でフィニッシュ・・・

結局3本柱以外で区間1桁が大西だけというのはやはりさびしいですね。来年に向けて戦力の底上げが求められますね。抜けるのは6区田口、9区稲田康ですが、いずれも区間16位といい走りは出来なかったため…箱根における戦力ダウンという点ではそれほど大きくは無いと思います。新入生は都道府県対抗で好走した北村が入りますが、即戦力になれるか?それよりも、既存のメンバーのレベルアップに期待したいところです。

HPをちょこちょこといじっております。3年生以下の上位10人はほぼ正しい数値となっておりますので、来年の戦力を一覧、平均で見ていただければと思います。一覧は3年生以下、平均は新年度を選択すると、新入生もデータがあれば見れるようになっています。(現時点では一人も登録していないですが・・・) 全員を追加するのは困難なので…取り合えず、5000mで大学トップ10にいきなり入ってくる選手に限定してまずは登録していきます。新年度についての考察もまた行いたいと思います。


PAGE TOP