89回箱根駅伝結果 中央学院大学

2014年3月9日

 続いては前回18位、予選会3位通過の中央学院大学について・・・箱根結果はこのようになっております。シードを取るか微妙なところかな?と思っていましたが、ギリギリ10位でシード権を獲得したレースを振り返っていきたいと思います。

 去年は1区20位で終戦でしたが、今年は成長著しい潰滝が区間8位と粘りました。3障でいきなり結果を出したと思ったら、1万で1年生最速をたたき出すなど、勢いは止まらないですね。このまま成長してほしいです。2区は絶対的エース藤井でしたが、区間9位とやや不満の残る結果に・・・藤井の力を考えれば、ここでもう少し順位を上げたかったところですね。それ以上の誤算は3区塩谷、潰滝とともに1万m28分台のルーキー、ハーフも63分前半と長い距離も問題ないと思ったのですが、区間18位と苦しい走りになってしまいました。

 4区は沼田が区間4位と巻き返す走りで再びシード圏内に戻すも、過去2度5区を走っている田中が区間14位・・・再びシード権から弾き飛ばされて、往路13位となってしまいました。2,3,5区と3区間予想より悪い走りだっただけに、この結果もしょうがないかな。。。

 往路でシード圏内に入っていないと、シードは厳しいと思っていたのですが、復路では意地を見せます。前回も6区を区間一桁で走っている岡本が59分半、区間6位の好走が大きかった。これで一気にシード権が近くなりました。7区の木部は区間12位と最低限の走りをして、順位を維持、長い距離にはやや不安のあった8区及川は区間8位でついにシード圏内に入りました。9区に準エースの室田をおいたのが結果としては良かったかなあ。ここで区間6位としっかりと走りました。10区山田は一時山梨学院に追い上げを許すものの、最後はきっちりと突き放して区間6位、総合10位で見事シード権獲得となりました。

 往路と違って復路は誤算なくタスキを繋げたと思います。復路にも戦力をしっかりと残せたのが大きかったですね。去年18位からの見事なシード権獲得でした。来年はエースの藤井、準エースの室田が卒業してしまいますが、10人中8人が残ります。ルーキーも持ちタイムはそれほどではないですが、ロードが強そうな選手が何人か入りそうですし、またしっかりと戦力を揃えてくることでしょう。二人のルーキーのさらなる成長も楽しみですし、来年も連続シードが狙える戦力だと思います。


PAGE TOP