89回箱根駅伝結果 國學院大学

2014年3月9日

 続いては前回10位、國學院大學について・・・箱根結果はこのようになっております。ただでさえシードが厳しいのに、寺田を2区に回した時点でほぼシードは無理かと思っておりましたが…総合でも14位と残念な結果となってしまいました。主力クラスに不調者が出たりしていたようなので、この結果もしょうがないですね。。。

 1区に主力の沖守をもってきましたが、まさかの区間19位スタート…万全ではなく、やむを得ずの起用だったそうですが、いきなりこれだけ出遅れてしまったのは痛かったですね。。。区間10位前後でしぶとくつないでいくのが國學院のスタイルなのかなあと思っているので。。。2区を走った寺田も区間15位で走るのが精一杯…やはり、あの状況で力を出し切るのは難しいですね。主力を1,2区に使っての17位はあまりにも痛い出遅れでした。

 3区柿沼、4区廣川がともに区間14位…多分國學院としてはほぼ計算通りの走りだとは思うのですが、それはあくまでも主力がしっかり走るという前提での計算ですからね。寺田に代わって5区を走った大下は区間11位とまずまずの走りでしたが往路14位は厳しかったですねー。復路にもそこまで駒を残しているわけではないですから。

 6区は前回経験者の上野が59分半切りで区間5位と素晴らしい走り、意地を見せてくれました。7区は2区候補だったと思われる中山ですが、区間17位と残念な走りに…7区に入った時点で万全ではないと思っていましたが、主力がここまで合わせられないのは残念ですねー。。。8区は1年の吾妻が区間6位といい走りをしました。そもそも、國學院は箱根出場校の中でもスカウトは下位クラス…そんな中、1年が二人走ったというのがすごいですねー。今後は徐々にスカウトも上向きになってくるのかな?

 9区は鮫島が走りましたが区間15位・・・これも実力相応かな?と思います。やはり、復路のエース区間を走るには厳しいかなあと。。。10区岡本が区間11位で走るも総合14位・・・復路はずっと総合14位で変動することなく終わってしまいました。

 主力が本調子であればシード権も狙えたということを考えると、やはりもったいないレースとなってしまいました。卒業するのは6区上野、7区中山、10区岡本の3人です・・・特に6,7区の穴が大きいかな?新入生は相変わらず即戦力としては期待出来なそうですが、前田監督のことですから、またシード権を狙えるチームを作ってくることでしょう。


PAGE TOP