89回箱根駅伝結果 中央大学

2014年3月9日

 続いては前回の箱根8位、中央大学について・・・箱根結果はこのようになっております。ずっとシードを守ってきた中央がまさか棄権でシード権を落とすことになるとは思いもよらないことでした。元々、ベストメンバーをベストの調子で組めなかったのがまず痛かったですね。全日本、箱根と主力の欠場がありました。もちろん、レース前だけではなく、レース中も誤算の連続となっていくわけですが・・・

 1区大須田が区間9位・・・主力の一人である大須田を使ってのこの順位はやや不満の残る結果だったと思いますが、最低限の位置では渡してくれたと思います。最初の誤算は2区翔太・・・エースとしての活躍が期待されながら、途中でフラフラになってしまう大ブレーキで区間20位、早くもこの時点でシードに絶望感が漂ってきたと思います。3区須河も区間12位・・・今まで何度も序盤の出遅れを乗り越えてシードを獲得してきた中央ですが、主力をつぎ込んでこの順位はあまりにも厳しい。

 4区多田も区間14位が精一杯で総合でも区間18位のまま・・・もはや5区野脇で大きく挽回しない限りシードは無理という状況でしたが、全然やってこない・・・このまま放送が終わってしまう?と思ったら、最後のアナウンサーのコメントが中央の棄権を知らせるものでしたからね。。。思わずテレビの前で声を上げてしまいました。やはり、シードを取り続けるというのは想像を絶するプレッシャーがあるのでしょうねえ。

 復路は一転して参考記録になってしまった中央大学・・・6区代田が意地の走りで区間3位相当、モチベが下がる状況の中でこういう走りが出来るのはさすがです。7区徳永は区間13位相当と微妙な走り・・・そして、8区永井が幻の区間賞!!区間賞の高橋を36秒も上回るダントツの区間賞でした。持ちタイムも決してよくないだけにこの走りにはびっくりしました。来年は主力となってほしい選手ですね。

 その一方で9,10区の相場、塩谷はともに区間19位相当・・・仮に5区を無難にしのいでいたとしてもシードは到底無理でしたね。そのくらい今年の中央は悪かったです。シードは途切れてしまいましたが、まだまだ主力選手は残りますし、一からチームを立て直し、新しい伝統を築いていってほしいです。


PAGE TOP