89回箱根駅伝結果 順天堂大学

2014年3月9日

 続いては前回の箱根7位、順天堂大学について・・・箱根結果はこのようになっております。前回から抜けたメンバーは1人だけということで、さらなる飛躍が期待された順天堂大学・・・1、2区に28分台の大池、小澤をおきますが、それぞれ10位、13位とやや物足りない成績…特に大池は今年好調を維持していただけに残念だったかな?3区は田中ではなくまさかの松枝では区間16位もやむを得なかったかな…その分、4区に入った田中がきっちり区間賞で一気に8人抜きで立て直しました。万全ではなかったのが残念ですが、どんな時でもきっちりと結果を出したのはさすがです。5区は成長著しい経験者の西郷が区間5位といい走りをしました。

 6区も同じく経験者の信時が区間11位も60分切りの走り、7区山崎も区間7位とずっとブレーキなく繋いできたのは見事です。8区石井の15位は実績を考えるとこれまたしょうがないのかな?3区の松枝同様、ブレーキというよりも力不足という印象ですねえ。。。9区松村優は去年ほどの勢いは無かったものの、きっちりと区間7位で走り、頼りになるところを見せてくれました。やはり、9区に主力が残せていると、安心ですね。10区は堀がきっちりと区間9位で走りきり、総合でも6位と前回よりも順位を上げました。堀のゴール後のポーズが話題になったりもしましたがそれはおいておき・・・

 順天堂としては、出場したメンバーはみな力を出し切ったのではないか?と思います。もちろん、もう少し走れたのでは?という気がする区間もありますが、上位校でブレーキが続発する中、きっちりと走れたからこそ、6位という成績が残せたのだと。今年はチームとしては集大成の年でしたから、6位は不満かもしれませんが、2年前は箱根に出場することさえかなわなかったわけですから、そこから2年連続シードは上出来だと思います。

 しかし、来年は正念場ですね。1区、4区、6区、7区、8区、10区と6人抜けてしまいます。過去の他大学の例を見ても、5人以上抜けたチームというのは苦しむ傾向があります。今井世代が抜けた後の順天堂も厳しかったですからね。。。とはいえ、2区、5区、9区を走った選手が残るのは大きいです。松枝もさらに成長が期待できますし、今回は走れなかった的野、松村和もいます。新入生の上位は安斎、森といったところですが、いずれも駅伝では結果を残すには至っておらず、1年目からの活躍は厳しいかなあと。よくて箱根を走るのは1人かな?という感じのスカウトです。まあ、元々予選落ちしている時代のスカウトなわけですから、苦しいのも当然かと。2年連続シードということで、ここからスカウトもあげていけたら。。。


PAGE TOP