89回箱根駅伝結果 青山学院大学

2014年3月9日

 続いては前回5位、青山学院大学について・・・箱根結果はこのようになっております。出雲を取ったことで期待されていた青山学院ですが結果は総合8位・・・、出岐が最終学年の勝負の年でしたが、前回よりも順位を下げる結果となってしまいました。早稲田同様、1区で大きく出遅れます。遠藤が区間18位・・・出だしから大きくつまづいたのがまず痛すぎました。箱根の1区を青学はなかなか上手く滑り出すことが出来ませんね。。。2区は出岐でも久保田でもなくまさかの大谷でしたが、区間5位と素晴らしい走りでした。正直、ここまで好走するとは予想していませんでした。。。

 3区久保田は区間4位とまずまずの走りでしたが、今年度ナンバー1ルーキーということを考えると、やや物足りないかな?まあ、負けた相手が大迫、悠太、中村(駒澤)といずれも実力者なのでしょうがないと言えばしょうがないですが…2,3区といい流れで挽回していましたが、4区川崎は区間13位と再び二桁順位…なかなか波に乗り切れないレースが続きます。5区の山登りは経験者でもある松田が区間4位といい走りをしました。監督が山登りにはかなり自信を持っていましたが、その通りでしたね。。。山の目途が立っていただけに、ベストメンバーが組めなかったのは痛かった。。。

 6区は前回好走した竹内が外れ、代わりに同じくスピードのある藤川を起用しましたが、区間14位といきなりつまづいてしまいます。竹内がいてくれれば・・・と思わずにいられない山下りになってしまいました。出雲1区、高島平20kmでも好走した小椋が7区に入りましたが、区間14位とこれまたブレーキ気味の走り…1区を外れた時点で嫌な予感はしていましたが、やはり本調子ではなかったのかな?苦しい戦いが続く復路でサプライズの走りをしたのが8区高橋、まさかの区間賞でした。(中央の永井が幻の区間賞ではありましたが・・・)正直、10人にも選ばれるかギリギリの選手だと思っていたのですが、素晴らしい走りでしたね。まだ2年ですし、今後が楽しみです。

 9区は前回同様横山でしたが区間9位・・・何とか一桁ではまとめましたが、去年の5位よりも順位を落としてしまいました。ここもちょっと期待外れだったかな…10区に出岐をもってきた青学、前回の明治が鎧坂をもってきたのと同じ形でした。監督が出岐の調子はいいと話をしていましたが、だったら当然2区に持ってくるはずで、よくて前回の鎧坂くらいでは?と思っていましたが、まさかの区間14位・・・本調子からはあまりにも遠い姿でした。前回の2区区間賞から琵琶湖マラソンでの2時間10分の走りまでは最高の流れでしたが、そのダメージが結局は痛かったのか…最後の箱根はほろ苦いものになってしまいました。最初から最後までかみ合わないレースとなってしまいましたね。。。

 大谷、松田、横山、出岐と2,5,9,10区を走った選手が卒業してしまいます。卒業区間は宇賀地、深津、高林、藤山が卒業した時の駒澤と全く一緒ですね。23km以上の区間は箱根で4区間しかなく、その4区間すべてが卒業してしまうという。。。この影響は非常に大きいと思います。特に出岐はずっと青学を引っ張ってくれてましたから…とはいえ、来年はエースにいなるであろう久保田や高島平や甲佐といった長い距離で好走した選手は多数いますし、一色、内田、茂木、秋山といった力のある新入生も入ります。全大学でトップクラスの新入生だと思います。強い4年生が抜けても、上位戦線を賑わせてくれそうです!


PAGE TOP