89回箱根駅伝結果 早稲田大学

2014年3月9日

 続いては前回4位、早稲田大学について・・・箱根結果はこのようになっております。これでもかと往路に戦力を集中させてきた早稲田ですが、全日本6区で区間新をとった前田が1区でまさかの17位と出遅れ…どうやら怪我をしていて完全には回復していなかったようですね。早稲田の層の薄さを考えると、前田を使わないわけにはいきませんが、この出遅れはあまりにも痛かった。。。2区平賀は区間6位とまずまずの走りで前を追い上げ、3区大迫はさすがの走りで9人抜き、一気に3位まで順位をあげますが、悠太に負けての区間2位は微妙…走力は大学No1だと思いますが、抜けるほどの強さはまだ感じれないなあ。。。

 4区に主将の佐々木をもってきましたが、区間8位…日体大にここで差をつけられたのも5区を思えば痛かったです。走力は文句無しだと思うのですが、本当に怪我や体調不良が多くて残念でした。2年の全日本の走りがやはりベストだったかなあ?5区は満を持して山本。東洋との差と山本の走力を考えれば当然往路優勝も見えると思っていました。東洋をとらえたまでは予想通りですが、後半一気に日体大に突き放されて区間3位、往路2位、復路に戦力があまり残っていない早稲田はもう粘るしかない復路でした。

 6区は西城かと思いましたが相原でした。60分で走れるという監督の話でしたが、60分17秒とほぼ想定通りか?しかし、今年は60分切りが多くこれで区間12位…せめて区間一桁では走りたかったところですね。復路で唯一攻める区間と思われた7区志方ですが、怪我明けや本人の弱気なコメント通り、本調子には程遠く、区間11位…復路は本当に苦しい戦いが続きます。8区は監督が単独走は無理といっていた柳、監督の発言は相変わらず嘘も多いな。。。その柳ですが、区間14位…タイム差はそれほどでもないですが、徐々に前とは離され、後ろには迫られてしまいます。

 復路のエース区間9区に抜擢された田中ですが、やはり荷が重かったか区間12位、復路はずっと区間二桁が続きました。持ちタイム、実績、調子を考えるとしょうがない面もありますが…これで9区終了時点で4位までしか落ちなかったのがある意味すごいです。。。10区を走った田口は区間4位といい走りをしました。しかし、最後に帝京とのスパート合戦に負けて5位はちょっと残念でした。せめて先にスパートをかけてほしかったかな。

 今年度は出雲・全日本・箱根と最後までかみ合わなかったですね。ただでさえ選手層が薄いのに、平賀、前田、佐々木、市川が卒業してしまいます。2年以降はずっと主要区間を走り続けた平賀がいなくなるのは特に痛いですね。大迫、山本のダブルエースに加えて、志方の復活は必須。復路を走った全員が残るのは救いですね。この経験を糧に、さらに成長してくれることに期待です。楽しみなのは新入生、平、武田と即戦力候補が入ります。というか、即戦力になってもらわないと困りますね!層の薄い中、エリートの推薦組と叩き上げの一般組が合わさってくるのが早稲田の魅力だと思いますので、また魅力あるチームを作り上げてほしいと思います。


PAGE TOP