89回箱根駅伝 國學院大學 区間配置予想

2014年3月8日

 いよいよ、今日からシード校の区間配置予想をしてきます。まずは、持ちタイムは低くとも、きっちりと2年連続10位でシード権を獲得した國學院大學について・・・16人エントリー過去2年はこのようになっています。エースだった荻野が卒業したものの、寺田が28分台を2度出すなど、エースに成長しました。正直、20チームの中で最も区間配置予想が難しい大学かもしれません。持ちタイムは参考にならないですし、今年出た大会は6人しか出場しない出雲駅伝ですからね。。。そんな國學院大學の区間配置予想は以下のとおりです。

 柿沼(3)-中山(3)-大下(3)-中瀬(1)-寺田(3)
 上野(3)-牛山(3)-鮫島(2)-沖守(3)-端坂(4)

 正直よく分からないというのが本音なのですが…1区はハーフチーム3位の柿沼にしました。スローペースになることを祈っての起用ということになりそうです。2区はチーム2番手に成長した中山の可能性が高そうです。チーム2番手とはいっても、去年の荻野や他大のエースと比較すると見劣りすることは否めません。1,2区は苦しい戦いが予想されます。3区は大下にしました。1万の持ちタイムはチーム5番手ですが、最近高速化が激しい3区でどこまで対応できるかは未知数です。

 4区は唯一の1年生である中瀬にしました。1万29分台ですし、一人くらいは1年生を使ってくる可能性もあるかと思います。5区は寺田、これはもう鉄板だと思います。前回の箱根は区間5位で上り、シード権獲得の立役者となりました。今年は走力もアップしていますし、さらなるタイム短縮が期待出来そうです。

 6区は5区同様前回経験者の上野にしました。区間12位とまずまずの走りでしたし、今年も無難に下ってくれればと思います。7区は牛山にしました。持ちタイムはやや劣りますが、今年の出雲でも5区を走っていますし、持ちタイム以上の力があると判断さているのかな?と思います。8区は唯一の2年生となる鮫島にしました。これまた1万29分台ですし、2年生が一人も走らないのも考えにくいかなという安易な理由です。

 9区はおそらくチーム3番手の実力者である沖守にしました。前回の箱根で区間1桁だったのは2,5,9区だけでした。それでもシードを獲得していますし、今年も同じように主力を配置するのでは?と思います。最後はこれまた唯一の4年生である端坂にしっかりと締めてもらえばと思います。

 うーん、持ちタイム重視とはいえ、3年生が7人という非常にアンバランスな区間予想となってしまいました。しかし、バランスを考えている余裕は今の國學院には無いと思うので、調子のいい選手、信頼のおける選手がからどんどん使ってくることと思います。それにしても、苦しい配置となりました。序盤で出遅れることはほぼ確定的、唯一稼げそうな山でどこまで巻き返せるか?といったところでしょうか。過去2年、シードは厳しいと言われていますが、今年はそれ以上に厳しい年だと思います。これでシードを取ったら前田監督は本当にすごいです。

 おそらく、前評判は悪いとは思いますが、監督もチームも過去最高の8位を狙っているということですし、5,6区に経験者がいることもプラスなので、何とか序盤はしのいで、山で稼いで、復路は粘るという戦い方で、三度シード権に滑り込んでほしいと思います。


PAGE TOP