89回箱根駅伝 日本体育大学 区間配置予想

2014年3月8日

 箱根予選会ダントツのトップ通過だった日体大について・・・16人エントリー過去5年箱根予選会はこのようになってます。前回の箱根はまさかの19位でしたが、今年は見事に立て直し、さらに成長してきました。箱根予選会での強さはもちろん、全日本でもきっちりと4位でシードを獲得し、今度の箱根はシードはもちろん、どこまで上を狙えるのか?と楽しみにさせてくれる日体大の区間配置予想は以下の通りです。

 勝亦(1)-本田(3)-高柳(3)-甲斐(3)-服部(3)
 福士(3)-早川(3)-山中(1)-矢野(3)-谷永(4)

 1区は服部と迷いましたが、全日本でもきっちりとつないだ勝亦にしました。箱根予選も全体で19位ときっちり走っており、さらに終盤も落ちるどころかハイペースで乗り切っているところから、スタミナは問題ないと思います。2区は前回同様本田、前回は区間8位できっちりと走っていますし、今年も同じかそれ以上を狙いたいところ。3区は迷ったのですが予選会チーム5位の高柳にしました。3区タイプではないかなあ?という気もするのですが、他に3区が適当な人が見つからず…ハーフ換算で3分台を持っていますし、走力は問題ないかなと。

 4区は甲斐にしました。本人曰く、自分は4区か7区でつなぎ区間で頑張りたいという話をしていましたので、それじゃあ4区で頑張ってもらいましょうということで…5区は服部にしました。5区を希望しているのは山中もいますが、走力を考えると服部5区が一番稼げるでしょう。最低でも20分切りはしてほしいところです。

 6区は3年連続で福士にしました。層が薄いチームであれば、6区福士はもったいないかな?と思うのですが、今の日体大であれば福士を6区に置いても平地も十分走力のある選手が揃っています。7区は早川にしました。1年で箱根を走っているものの、その後は怪我で悩まされていて全然出てこれなかった選手ですが、先日の記録会でもいい走りをしましたし、完全復活したのであれば、是非とも最後の箱根でチームに貢献してほしいと思います。

 8区は山中にしました。5区を希望するくらいですから、上りには自信があるはず…2区、5区以外で上りといえば8区の遊行寺の坂かなあと・・・安易です。。。9区は3本柱の一人、矢野にしました。3区矢野も考えたのですが、往路と復路のバランスを考えると矢野が9区にいた方が安定するかなと思います。箱根予選会、全日本アンカーと素晴らしい走りをしていますし、ここでさらに上位を伺いたいところです。10区は2年前、寺田がコースを間違えたことにより8位をゲットした谷永にしました。一度経験があるのは大きいですし、アンカー勝負になってもスパート力はあるのかなあと思います。

 こうしてみてみると、10人選ぶのがいい意味で大変ですね。箱根予選、全日本と活躍したメンバーと怪我から復活したメンバーで激しい争いになっています。2年生が元気が無いのは寂しいですが、1年生の勝亦、山中はともに全日本、箱根予選としっかり走っており、箱根でも出来そうです。さらに、服部、本田、矢野という強力な3本柱を擁しており、3位になってもおかしくない戦力は揃っているなと思います。

 後は、もう調整だけでしょう。今年はノロウィルスが本当に流行っていますし、日体大はなかなか万全の状態で箱根本戦を迎えられないことが多いです。怪我なく、体調不良なくベストメンバーが組めれば、シード上位校とも十分渡り合えるだけの力はあると思います。前回19位からどこまで躍進できるのか、期待したいと思います。


PAGE TOP