89回箱根駅伝 中央学院大学 区間配置予想

2014年3月8日

 箱根予選会3位通過の中央学院について・・・16人エントリー過去5年はこのようになります。箱根予選通過上位3校は特にシード権獲得のチャンスはあるかなと思っています。エース藤井がいて、準エースの室田がいて、山の田中がいて、28分台コンビのルーキー塩谷、潰滝がいますからね。後は、上手く箱根に合わせられれば・・・そんな中央学院の区間配置予想は以下のとおりです。

 塩谷(1)-藤井(4)-及川(2)-潰滝(1)-田中(3)
 岡本(3)-沼田(3)-山田(2)-室田(4)-木部(2)

 1区は室田か塩谷か迷ったのですが、ハーフ3分前半、1万で28分台を出して勢いのある塩谷にしてみました。しかし、前回は同じく1年の芝山を使ってダントツ最下位に沈んでしまいましたから、やや不安は残りますが、1区室田はもったいないかなあと。2区藤井は鉄板でしょう。監督もこのチームは藤井だけって言ってますからね。言い過ぎな気もしますが、それだけ絶対的な信頼があるのでしょう。箱根予選日本人トップは伊達ではないという走りを見せてほしいです。3区はどちらかといえばスピードタイプの及川にしてみました。これまた、ちょっと荷が重いかも?とも思ったのですが、本来3区は下り基調の走りやすい区間なので…予選会もチーム5位でしたしね。

 4区は潰滝にしました。高校時代、5000mの持ちタイムは大したこと無かったですが、いきなり2部の3障で圧倒的な力を見せて優勝、その後めきめきと力をつけ、先日の1万mでは1年の日本人持ちタイムトップとなる28分44秒をたたき出しました。塩谷と切磋琢磨して成長している印象です。アップダウンの多い4区に合ってるかあと思いました。5区は2年連続10位で上っている田中、これも鉄板だと思います。今年は1,2年の時よりも走力が上がっている印象ですし、区間一桁で上ってくれれば・・・

 6区、7区は前回の経験者である岡本、沼田をそれぞれ選びました。6区9位、7区10位とまずまずの走りをしていますし、ここを敢えて変える必要はないかなあ?と思いました。前回以上の成績を期待したいところです。8区は逆に前回9区経験者の山田をもってきました。前回は9区15位と苦しみましたし、箱根予選もチーム8位、9区は荷が重いかなと思いまして、8区にしました。

 9区には満を持して室田にしました。もはやチーム内では藤井につぐ選手になったと思いますし、8,10区がやや不安なので、9区に室田がいれば終盤も上手く凌げるのではないか?と思いました。10区は木部にしました。箱根予選はチーム10位でシード権争いをしていたらちょっと苦しいですが、何とか9区でシード安全圏にいられればと思います。

 2区5区6区に経験者がいるのは大きいですね。さらに、2区、5区ともに去年よりも上積みが期待できます。そして、やはり忘れてはいけないのがルーキーの塩谷、潰滝コンビ。箱根でどんな走りをするのか本当に楽しみです。ブレーキと故障者が無ければ、十分にシード権は狙える戦力はあると思います。ここ数年、ベストメンバーが組めずに苦労していますが、今年は何とか合わせてほしいですねえ。


PAGE TOP