89回箱根駅伝 神奈川大学 区間配置予想

2014年3月8日

 予選会6位通過、今年は全日本予選も久しぶりに通過し、勢いのある神奈川大学について・・・14人エントリー過去5年はこのようになっております。14人しかエントリーしなかったのはびっくりですが、監督としては起用される可能性のある選手だけを選びたかったということなのでしょう。メンバー入りするだけでも、選手のモチベーションは変わってきそうなので、個人的には16人選んでほしかったですけどね。そんな神奈川大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 西山(1)-我那覇(1)-柿原(2)-赤松(2)-鈴木(4)
 高久(4)- 小泉(2)-柏部(2)-吉川(4)-福田(4)

 1区、2区は全日本と同様に思い切って1年生の勢いに任せてみるのも面白いかな?と思い、西山、我那覇にしました。過去4大会、1~4区で区間一桁になったのは森本が区間9位になっただけ…後は全て二桁です。神奈川がいかに往路で苦しんでいるかが分かります。だったら、若い選手にどんどん経験を積んでもらおうという意味も込めて、3区柿原、4区赤松と力のある2年生を選んでみました。5区はここ2年、4年生が好走しており、今年も4年に任せるのでは?と思い、あえて前回、残り1秒でタスキをつないだ鈴木にしてみました。去年と同じ9区でリベンジもありかな?とも思いましたが・・・

 6区は2年前に山下りで12位だった高久にしました。経験もありますし、最終学年でしっかりと下ってくれればと思います。7区、8区は2年生の小泉、柏部に任せてみました。それぞれ予選会をチーム5位、8位で走ってますし、稼ぐのは難しいですが安定して走りをしてくれるのではないかとおもいます。

 9,10区は4年生にきっちりとまとめてもらうということで、吉川、福田にしました。それぞれ予選会はチーム9位、チーム7位と物足りなさはありますが、9,10区は経験豊富な上級生が起用されることが多いですし、福田は2年前も10区を9位で走っていますしね。

 うーん、やはりシード権を狙うには苦しいと言わざるを得ないかなあ…経験のある4年生と勢いのある下級生が融合した面白いチームだとは思うのですが、如何せんまだ小粒な印象が否めません。山と復路は毎年まあまあ戦えていますが、いつも1~4区で遅れてしまうので、シード争いが出来ていないんですよね。力が劣っているのはしょうがないですが、往路での遅れを最低限に抑えて、4大会続いている15位からいい方へと脱却してほしいです。


PAGE TOP