89回箱根駅伝 日本大学 区間配置予想

2014年3月8日

 予選会7位通過、2年ぶりに戻ってきた日本大学について・・・16人エントリー過去5年はこのようになっております。去年はまさかの予選落ちでしたが、今年は佐藤、田村といった主力が不調だったにもかかわらず、何とか7位通過しました。全日本は連続してシードを取っているけれど、箱根の距離では苦戦している日大の区間配置予想は以下の通りです。

 田村(3)-ベンジャミン(4)-荻野(1)-高松(2)-吉田(4)
 村越(2)-寺田(4)- 林(2) -佐藤(4)-竹ノ内(3)

 1区は今年はやや精彩を欠いているとはいえ、経験豊富で、全日本1区では区間賞を取ったこともある田村を無難に配置し、2区はもちろんベンジャミン、これは鉄板だと思います。今年は条件が悪くなければ、6分台を出してくるのでは?3区は佐藤と迷ったのですが、往路で駒を使いすぎると、復路がただひたすら耐えるだけになってしまうので、期待のルーキーである荻野にしました。

 4区はやや低めではありますが安定している高松にし、5区は監督も本人もやる気満々のようなので、吉田にしました。とはいえ、正直厳しいと思っています。今年調子が良かったとはいえ、実戦経験から遠ざかり、2年前の箱根も遊行寺の坂がある8区を17位の選手が、怪我明けの5区でどこまでやれるのか…

 6区は相変わらず予想がつかないですが、選手層が薄いところはチーム下位の選手を使ってくる傾向があるため、予選チーム9位の村越にしてみました。7区は寺田にしました。予選ではチーム4位、最上級生ですし10区が無難かなとも思ったのですが、寺田は不安定なところがあるため、シード争いをしていたら怖いかな?と思って7区にしました。

 8区は予選チーム3位、1万も29分半を切って力をつけてきた林にしました。9区はキャプテンの佐藤にしました。やっぱり3区が無難かとは思いますが、シードを狙うのであれば、9区に佐藤がいるのは大きいと思います。10区はいつもそつなく繋いでいる印象の竹ノ内にしました。シード圏外からの逆転を狙うには厳しいですが、ここまでシード圏内につけていれば、きっちり逃げ切ってくれるのでは?と思って選びました。

 戦力を見る限り、シードを狙えなくはないと思います。2区でトップかそれに近い位置にいけることがほぼ確定的なのは大きいです。前回はその流れを3区20位で見事に途切れさせてしまいましたが、今回はベンジャミンの作るであろう流れに上手くのっていきたいですね。後はやはりポイントは5区ですね。吉田であっても他の選手であっても、山でブレーキしてしまってはシード権は絶望的です。ここを稼げる区間にとは言いませんが、無難に中位でつないでくれれば、復路に向けて希望も残るかなと思います。過去2大会の悪夢を振り払えるのか?それともまた下位に沈んでしまうのか…日大の真価が問われるレースになりますね。


PAGE TOP