89回箱根駅伝エントリーメンバー考察(予選校)

2014年3月8日

 続きまして、予選から勝ち上がった各大学のエントリーについて・・・

 日本体育大学・・・去年の箱根経験者では7区を走った大田、9区を走った吉村がいませんが、日体大の場合はむしろ実力で16人から外されてしまった感じがします。去年の経験者であっても16人に入れない選手層が今の日体大にはありますね。主力も揃っていますし、順当なエントリーといっていいと思います。 シードはもちろん、予選会ダントツトップとして、どこまで上位に食い込めるか?

 帝京大学・・・前回箱根を走ったメンバーから、3区大迫、6区田村、7区三輪が外れてはしまいましたが・・・3人ともレースに出ていないまたは出ても結果が芳しくなかったメンバーなので、むしろ順当なエントリーといっていいのではないでしょうか?前回貧血で走れなかった蛯名がどんな走りを見せるか、無名ながら1年でいきなり63分台を出した竹本は出るのか?といったところが気になります。

 中央学院大学・・・前回1区を走った柴山、10区を走った沖田がエントリーから漏れてしまいました。二人とも力はあるけれども、箱根予選会にも出場していないですし、しょうがないところかも。。。エースの藤井はもちろんですが、28分をたたき出し、成長著しい塩谷、潰滝の1年生コンビがどんな走りをするのかが楽しみです。

 大東文化大学・・・予選会を走ったメンバー12人が全員エントリーされており、順当といっていいのではないでしょうか?3年ぶりの箱根でどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。やはり、注目は市田兄弟ですね。二人で2区、5区を走ることも十分ありそうですし、期待したいと思います。

 上武大学・・・こちらも大東大と同様に予選会を走ったメンバー12人がエントリーされております。全く問題ないエントリーですね。やはり、1万ベストが30分台の選手が半数近くいるなどその薄さは否めませんが、佐藤、倉田といった2年生エースを中心にどこまで目標とする5位以内(実際はシード権?)に近づけるのか楽しみです。

 神奈川大学・・・あれっ、何故か14人しかエントリーしていない・・・監督が諸事情によりとか言ってますが、16人入れておいて、少しでも調子のいい選手を使った方がいい気がするのですが・・・箱根予選会のメンバーでは上位10人はエントリーされており、11,12番目がエントリーされないという明暗くっきり分かれる結果に・・・14人しかいないことを除けば、順当なエントリーだと思います。3年生が一人もおらず、14人中10人が1,2年生なのはちょっと寂しいですけどね。

 日本大学・・・箱根予選を走ったメンバーは12位だった津田が外れたのみ。怪我をしていた吉田もメンバーに名を連ね、順当なエントリーだと思います。雑誌や監督の話を聞く限り、やはり5区は吉田に任せようとしているようですが…力をつけてきているとはいえ、ここ数か月実践から遠ざかっていて大丈夫でしょうか?日大の明暗をわけることになりそうです。

 法政大学・・・ああ、やはり前回学連選抜で6区を10位で走り、西池とともに法政を引っ張る存在の田子は間に合いませんでしたか…ただでさえ、苦しい戦力なのにこれはきついですね。田子以外は箱根予選メンバーは全員エントリーしていますが、エースがいないとは。。。もう一人のエースである西池がどんな走りを見せてくれるのかに注目です。本人の希望通り、1区で見てみたいですけどね。

 東京農業大学・・・箱根予選メンバーで外れたのは12位だった矢澤のみ。予選会は走れなかった浅岡、佐藤、津野もメンバー入りしており、順当なエントリーと言えそうです。前回の5,6区がそろってエントリー出来たのは大きいですね。最も、津野が再び上るのはちょっと考えにくい気がしますが…去年はダントツの最下位、箱根予選も最下位での通過、もう下はありません。一歩一歩上を目指して登って行ってほしいです。

  関東学連選抜・・・今年から各大学1名となり、さらに来年度は廃止されることが決まっている学連選抜・・・このような状況下でモチベーションを保つのは難しいとは思いますが、大学を代表しているわけですから、同じチームのメンバーを勇気づけるような走りをしてほしいです。1大学1名となったことで層は薄くなってしまいますが、エース格の早川、前回5区で好走した吉村がいますので、シード圏内でレースを進めることも可能な気がしますがどうなるか?個人的にはシードを取ってほしいですけどね。

 以上、エントリーを見ての簡単な感想でした。次からは、各大学の区間配置予想をしていこうと思います。とはいえ、実は区間配置とか順位予想をするのはあまり好きでは無かったり…人それぞれ、考えは違って当然ですし、どうしても自分の考えを押し付けているみたいになってしまうんですよねー。それにそもそもあたるはずがないほど確率が食い物ですから…そこらへんも踏まえまして、こんな考え方もあるのねくらいに思ってくれればと思います。


PAGE TOP