89回箱根駅伝 法政の不安要素

2014年3月8日

 2大会連続で箱根路から遠ざかっていましたが、今年は西池の活躍もあり、3年ぶりに箱根駅伝への出場を決めて法政大学について・・・

 法政大学の不安要素は・・・ファンの方には大変申し訳ないのですが、ほぼ全てかと…過去4大会で1度しか駅伝に出場していない経験値の低さ(その1回も19位)、エース格は田子、西池あたりだと思いますが、田子は故障で箱根予選会を走れていませんし、西池も長い怪我からやっと復活したばかりで、箱根ではどこまで対応できるかは未知数です。主要区間では苦しい戦いを強いられることになるでしょう。

 その一方で決して選手層が厚いというわけでもないです。続く選手は持ちタイムと予選会の結果から見るに、篠原、田井、関口あたりかとは思いますが、正直どの区間であっても苦しい印象です。個人的には、全20チームの中で最もシード権を獲得する可能性が低いのではないか?と思っています。まずは、タスキを繋ぐことを第一に15位くらいを目指すのが現実的ではないかと…

 そんな中、楽しみなのはやはり西池の復活ですね。高校時代は世代ナンバー1と呼ばれていましたが、大学に入ってからは故障で全く活躍することが出来ませんでしたが、今年は箱根予選会でチームトップの18位、先日の記録会でもベストには及びませんでしたが、28分台を出すまでになりました。本人は1区を希望しているようですが、面白い存在になるかもしれません。都大路では、最初わざと最後尾からスタートして最後には区間賞なんてこともしてましたからね…コメントやパフォーマンスも面白く、見ていて飽きない選手です。

 1区西池とすると、2区が困りますね。誰が走っても厳しい状況は間違いないでしょうし、区間16~20位の間を走ることになってしまいそうな気がします…というかどの区間も大変なのは間違いないです。ただ、法政・コニカミノルタで活躍した坪田がコーチとして復帰し、チームとしてもだいぶ上向いてきていることは確かなようなので、今後につながるような走りをしてほしいと思います。


PAGE TOP