日体大記録会&記録検索サイト紹介

2014年4月23日

各大学の私なりに考えた不安要素をシード校を一通り語りましたので今回は一休憩・・・来週は予選会から勝ち上がった大学の不安要素について語っていきたいと思います。それにしても、まだブログを始めたばかりにも関わらず、たくさんの方々にブログを読んでいただけているようで本当に感謝です。

12月10日の16人エントリー発表までいよいよ1週間となってきました。といっても、余程のサプライズが無い限り、そんなに気にすることではないですよね。怪我をしていても、16人に入ってくることは良くありますし…どの大学も、まずは有力選手がきっちりとエントリーされているといいなあ。

昨日、今日の日体大記録会で箱根前の記録会はほぼ終わりかなあ。今日の5000mはあまり記録は出なかったようですねえ。この時期に5000mに出ているようでは、箱根は厳しいと思うので、あまり関係は無さそうですが。1万mでは最終組で久我(駒澤)、寺田(國學院)、戸田(東農)、竹内(東農)までが28分台でしたね。最近、28分台ランナーが量産されておりますなー。個人的にはいいことだと思っております。どんなにいい条件で出そうが、それは自分で出した記録に変わりは無いですからね。いいタイムを出したからといって過信しては駄目ですが、自信をもって大会に臨んで欲しいです。

さて、ここからは箱根駅伝の話と直接関係なくなっちゃうかなあと思い恐縮なのですが…こうやって色々な大学の記事を書いていると、やはり持ちタイムとか大会の結果とかを知らない選手もいるわけで、ちょこちょこ調べながら書いております。ただ、いちいち探すのは面倒ですし、自分の探したい条件で探すことも出来ないなあと…大会の結果や選手・大学・区間などを指定して検索したいし、選手の持ちタイム一覧なんかも見たいよーと思いまして、そんなサイトを作ってしまいました。

大学駅伝まったり検索

ほぼ宣伝で大変恐縮ですが、色々な条件で検索できるのは便利だと思いますので、もしよろしければ、一度使ってみてください~。今あるのは、大学ごとの年度における成績検索(過去5年分)、各駅伝・区間における区間成績・総合成績検索、各選手の持ちタイム検索となっております。

ただ、持ちタイムは時間も無く、知識も無く、テストで登録した撹上のみです(涙) 大変に恐縮ですが、どなたでも5000m、1万、ハーフの持ちタイムを更新する機能も備えておりますので、自身の応援する大学・選手の持ちタイムが分かりましたら、更新していただけると大変に助かります。

まずは私が一番使いたい検索機能をと思って作ったので、まだまだデータも少ないですし、レイアウトも適当ですし、追加したい機能もいくつかありますが、ちょこちょこ更新していく予定ですので、ブログともどもよろしくお願いします。ブログ・HPへの要望・データ間違いなどありましたら、遠慮なくご連絡いただければと思います。


PAGE TOP