89回箱根駅伝 順天堂の不安要素

2014年3月8日

 前回の箱根ではインカレポイントを使ってのギリギリ予選通過だったにも関わらず、大方の予想を裏切り、7位とシード権を獲得した順天堂大学について…

 順天堂の不安要素は安定感の無さとつなぎ区間の走力不足です。全日本予選でも、トップ通過候補に名前があがっていたにも関わらず、まさかの予選落ちとなってしまいました。持ちタイムの割には、なかなか駅伝でその力を発揮できていない印象があります。

 出雲では、1区を上手く滑り出し、2区では一時トップにたつものの、徐々に順位を落とし7位・・・とはいえ、キャプテンの大池が28分台をたたき出し、駅伝でもいい走りをしました。また、箱根5区を走った西郷も6区を区間4位でまとめるなど、徐々に力はついてきた印象です。

 箱根に向けては、まずエースと山はいます。田中は順天堂で最も安定感・走力のあるエースとなり、箱根では2区を任せられる可能性が高いのでは・・・ 前回5区を走った西郷も走力は上がっており、再び走れば前回以上の順位で走れるでしょう。

 また、主要区間を走る選手もいます。松村優樹に加え、先日の記録会で大池、小澤が28分台を出しました。ただ、1年ながら箱根9区で5位と好走した優樹は、今年いまいち調子があがっていない印象です。全日本予選も微妙でしたし、出雲ももう一つといったところでしょうか。

 ここまではある程度走ってくれるのでは?と計算がたちますが、問題はつなぎ区間を走るであろう選手たちです。的野は怪我をしているのか全然姿を見せませんし、堀、山崎翔太も箱根のつなぎ区間で上位にこれるか?というとやや疑問が残ります。新戦力もハーフや1万で好記録を出した選手があまりおらず、上積みはあまり期待出来なそうです。

 前回の箱根がまぐれと言われないためにも、今年きっちりとシードをキープしたいところですね。本来、今年の4年生は駒澤以上に持ちタイムのいい選手を集めた黄金世代だったわけですからね…怪我などもあってやや物足りない成績だと思いますが、最後の箱根でそれぞれ力を発揮してほしいものです。


PAGE TOP