89回箱根駅伝 中央の不安要素

2014年3月8日

 箱根で28年連続シードという驚異的な安定感を持ち、苦手と思われた出雲で3位表彰台、全日本は最終区に失速しシードを逃した中央大学について・・・

 中央大学の不安要素はエースの不在と山を誰が上るか?だと思います。中央は選手は揃っているけれど、突出した選手はいないという印象なんですよねえ。ここ数年で考えても、絶対的エースとして印象に残っているのは上野くらいしかいないかなあと・・・

 明治の不安要素にもエース不在をあげましたが、明治以上にエース不足が深刻だと感じます。個人的には、新庄(翔)にエースになってほしいと思いますが、実績・安定感ともに他大のエースと勝負するにはまだ力不足なのは否めません。次の箱根では主要区間を担うことになると思いますし、さらに力を付けてほしいです。エースがいないと、出雲のように上手く流れに乗れているときはいいですが、全日本のように出遅れたりしたときに、立て直すのが非常に難しいですからね…

 大石卒業後、山が不安要素として残ってしまっています。前回の箱根では、4区終了までいい感じで来ていたのに、5区でまさかの区間18位と大ブレーキ、一気にシード圏外にふっとばされてしまいました。あの後、6区代田の快走もあって何とかシードは維持しましたが、次の箱根で同じ失敗をするわけにはいきません。

 今年駅伝デビューした新戦力が何人かいますが、山を任せられると思わせるほどのインパクトを残した選手はいませんでしたし、箱根経験のある選手で山に適正があるのであれば、前回に上っていると思うのですよね…今年も人選には苦労しそうですが、山さえ無難に凌げれば、29年連続シード権は固いと思います。

 駒澤が13位でシード権を逃して以来、10年連続シードさえ他大学ではいません。28年連続シードというのは本当に素晴らしい記録だと思いますし、とてつもないプレッシャーはかかると思いますが、今後も記録を伸ばしていってほしいと思います。


PAGE TOP