89回箱根駅伝 早稲田の不安要素

2014年3月8日

 前回の箱根ではまさかの4位となってしまった早稲田、今年も出雲が6位、全日本が3位となかなか乗り切れない感じです。そんな早稲田の不安要素はやはり選手層の薄さですね。元々、推薦枠が少なく、中堅どころを集めるのが難しい状況もあり、エース格とそれ以外の選手との戦力差が激しいですね。

 エースは学生最強ランナーと言ってもいい大迫、山登りは前回1年ながら19分台で上り、さらに成長を続ける山本、2区を2年連続で好走している平賀、全日本6区で区間新記録をたたき出した前田、この4人は実績も調子も問題ないですね。

 一方、全日本、上尾ハーフと不本意な走りが続いていた佐々木主将、怪我でなかなか走れなかったものの上尾ハーフで3分台を出して復調してきた志方は調子には疑問がありますが、前回の箱根もそれぞれ7区3位、8区2位で走っていますし、実績は申し分ないので箱根にはきっちりと合わせてくれると思います。

 問題は上記の主力6人以外ですね。市川は箱根、全日本と微妙な走りが続いており、つなぎ区間でも上位は期待しにくい状況…柳、高田と期待の1年生も全日本、ハーフと距離が長くなるとまだまだ走力不足な印象です。6区候補と監督が言っていた西城、三浦も東洋や駒澤の6区に比べると力不足な印象ですし、上尾ハーフで4分台で走った田口、田中は今後に期待したいところですが、次の箱根でどこまで戦力になるかはまだまだ未知数ですね・・・

 そのような状況で、やはり気になるのは1区を誰にするかです。早稲田の1区を考えると、①攻めるか、②凌ぐか、③安全策で行くかの3つがあります。

 攻めるのであればもちろん大迫!過去2年、大迫1区でいっており、1年目は大成功でしたが、去年はそれほど2位以下を離せず、もったいなかった印象でした。

 凌ぐのであれば全日本で1区を走った柳でしょうか?とはいえ、スローペースだった全日本でも早々に遅れてしまっており、上尾ハーフでも4分台後半と1区を任せるには純粋に力不足な感じはします。スローペースを祈りつつ、何とか上位と最小限の差でつないでくれれば?といった感じですかね。

 安全策で行くのであれば、他の主力5人から他区間を確実に担うであろう平賀、山本を除いた前田、志方、佐々木を起用するというパターン。3人とも区間賞争いをする力はあると思いますが、スローペースになった時には、貴重な駒を1枚無駄遣いにすることになり、後々の区間で響いてきそうです。

 どれを起用する可能性が高いかということですが、優勝を狙う以上、安全策で来る可能性は低いかなあと思います。来年、世代ナンバー1と言われる平や付属から武田など有力高校生が複数加入しますが、今年の4年生の穴を埋められるほどではないでしょう。そうすると、多少選手層が薄くても、今年は勝負の年です。少しでも優勝の確率を高めるには、1区を安全策でいく余裕は今の早稲田には無いかと。。。リスクを承知で大迫でぶっ放すか、主力6人以外で凌ぐかになりそうです。

 2強と比べると戦力は落ちるとは思いますが、エース級は2強以上とも言える強さがありますので、まずは往路優勝、そして復路をいかに粘るかというパターンに持ち込めれば、勝機もあるのかなあと思います。


PAGE TOP